さがみ鍼灸整骨院の奥田真以です!

3月に入りましたが、まだ風邪や
インフルエンザが流行ってますね。

原因のウイルスや細菌は
気温が低くて乾燥した場所を好みます。

現代では建物の気密性が高く、
暖房器具も発達しているため
乾燥しやすいのが現状です。


人間の身体が乾燥するとどうなるかというと
・風邪やインフルエンザなどの感染症を引き起こしやすくなる
・喉の痛くなる
・目が乾く(ドライアイ)
・肌が乾燥し、かゆくなる    などなど。

いいことはないですね。


乾燥対策をするためには、
・こまめに水分補給をする
・マスクをする
・クリームなどで肌を保湿する
などが挙げられますが、
部屋自体を乾燥から守るのが大切です。

そのためには!
・加湿器をつける
・濡れたタオルを吊るしておく
・水を入れたコップを置いておく
など。


私の家ではブタちゃんの加湿器を使っています ♡



鼻から水蒸気が出ます(笑)



加湿器が無くても、タオルやコップで
簡単に部屋の湿度を上げることが出来るので
皆さんもやってみてくださいね(^^)