自律神経のバランス

自律神経のバランスが崩れると、特に原因が思い当たらないのに心身に様々な症状が現れます。肉体的には、慢性的な疲労・だるさ・めまい・偏頭痛・動悸・ほてり・不眠・便秘・下痢・微熱・耳鳴り・手足のしびれ・口やのどの不快感・頻尿・残尿感。精神的な症状としては イライラする・不安感・疎外感・落ち込み・やる気が出ない・ゆううつになる・感情の起伏が激しい・あせりを感じるなど症状が現れます。

バランスが崩れる原因

ひとり一人年齢や性別や体質が違うように、その原因もまた一人一人違います。 自律神経のバランスが乱れるのには、複数の原因が複雑にからみあっていることが多く、長引くことで不定愁訴が現れます。

★生活のリズムの乱れ

 夜更かし、夜型人間、夜間勤務や、子供の頃からの不規則な生活習慣など、人体のリズムを無視した社会環境やライフスタイルが自律神経失調症を引き起こします。

★過度なストレス

 仕事などの社会的ストレス、人間関係、精神的ストレス、環境の変化など、過剰なストレスが蓄積すると自律神経失調症になりやすいです。

★ストレスに弱い体質

 子供の頃からすぐ吐く、下痢しやすい、自家中毒、環境がかわると眠れないなど、生まれつき自律神経が過敏な人もいます。また思春期や更年期、身体が弱っているときは自律神経のバランスが乱れやすくなります。

★ストレスに弱い性格

 ノーと言えない、感情処理が下手、気持ちの切り替えができない、人の評価を気にしすぎる、人と信頼関係を結ぶのが苦手、依存心が強いなど、ストレスへの抵抗力が弱い傾向のある人も自律神経失調症に陥りやすいタイプといえます。

★環境の変化

 現代の生活は適応能力が衰えやすく、社会環境の変化、人間関係や仕事などの環境の変化などへの不適応や過剰適応から自律神経失調症になる場合もあります。

★女性ホルモンの影響

 女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづけ、この変化が自律神経の働きに影響を与えます。

商品名1

ダミー画像

商品名1に関する説明文が入ります。商品名1に関する説明文が入ります。商品名1に関する説明文が入ります。商品名1に関する説明文が入ります。商品名1に関する説明文が入ります。

商品名2

ダミー画像

商品名2に関する説明文が入ります。商品名2に関する説明文が入ります。商品名2に関する説明文が入ります。商品名2に関する説明文が入ります。商品名2に関する説明文が入ります。

商品名3

ダミー画像

商品名3に関する説明文が入ります。商品名3に関する説明文が入ります。商品名3に関する説明文が入ります。商品名3に関する説明文が入ります。商品名3に関する説明文が入ります。

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

  • 商品名1

    AAA社画像

    ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

  • 商品名2

    AAA社画像

    ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

  • 商品名3

    AAA社画像

    ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

  • 商品名4

    ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

  • 商品名5

    ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

テキストエリア

ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

このページの先頭へ