ごあいさつ

さがみ鍼灸整骨院 代表村上直人

はじめまして!肩こり・腰痛・不妊症を専門としている、さがみ鍼灸整骨院の院長です。 資格は、鍼灸師・柔道整復師・医薬品登録販売者を取得、2012年5月、厚木市中町に開業しました。当院は本厚木駅から歩いて3分のところにあり、現在では「本厚木で口コミ人気No.1の鍼灸院」とご支持いただいています。

まず、あなたに知ってもらいたいことは、私が鍼灸師・柔道整復師・医薬品登録販売者になった理由ともなる原点です。それは、5歳から高校3年生までの13年間していた水泳がきっかけです。高校生時代は病気とリハビリの闘いでした。

私は水泳で中学時代に神奈川県で準優勝、日大藤沢高校へスポーツ推薦で入学しました。 ところが入学直後に悲劇が起こります。2か月後の6月に学校内の合宿中に倒れてしまったのです。病名は「慢性硬膜下血腫」、「くも膜嚢胞」という脳の病気です。救急車で北里大学病院に運ばれ、そのまま脳神経外科で1回目の手術を受け、1か月後に2回目の手術を受けて一命を取り止めました。

その後、2年間は水泳の大会にも出場出来ずリハビリの毎日を送っていました。2か月間の入院生活で2回の頭の手術を受けると筋力の衰えは激しく入院中も地下1階から7階まで階段を上り下りして体力回復に努めましたが、自分が思っているように筋力は元通りになりません。 退院して少しづつ水泳も再開しましたが、やはり以前のような泳ぎは出来ず、高校生なのに中学生に練習で負けてしまう状態でした。練習に体がついていけず腰を痛めてしまい、精神的にも肉体的にも毎日が灰色の日々でした。 それでも「自分なら絶対に回復できる」という諦めない気持ちで、毎日コツコツ練習を重ねていきました。

そして、地道な努力が報われ遂に高校3年生の時に全国ジュニアオリンピックに出場を果たし、自己ベストを記録することが出来ました。 私は病気と腰痛のリハビリ生活からスポーツトレーナーを目指し、日体柔整専門学校に進学し、3年間解剖学・生理学などを学び、柔道整復師の国家資格を取得しました。 就職先は整形外科で毎日多くの患者さんの治療をしていたのですが、ある患者さんの一言が私の運命を変えました。それは患者さんが整形外科を「電気屋さん」といった一言でした。

確かに整形外科や整骨院では電気治療+マッサージが当り前に行われています。これって本当に治療なのだろうか?という疑問から新たに東洋医学を学びに国際鍼灸専門学校に進学し、3年間東洋医学、経絡経穴などを学び鍼灸師の国家資格を取得しました。

都内の芸能人や有名人が通う鍼灸マッサージ院で勤務して色々な経験をさせてもらいました。「自分が受けて納得する本物の治療を多くの方に知ってもらい役立て喜んでもらいたい」との想いから、神奈川県厚木市に「さがみ鍼灸整骨院」を開業しました。

現在では、スポーツでケガをされた方、交通事故に遭いケガをされた方、痛みなど様々な症状で悩んでいる方、逆子や不妊症などの婦人科疾患で悩んでいる方が多く通院され、たくさんの方から喜んでいただいています。

私と同じように病気やケガに悩まされている人の気持ちは心の底からから共感できます。また、現在は遠方から来院される逆子の妊婦さんも多く、身体の負担をかけないためにも完全予約制で待ち時間なく施術が受けられます。これからも、よりたくさんの方に喜んでいただけるように、 大事な患者様としてお出迎えし、あなたの為に私が出来る最善の治療をいたします。
【公式LINE@】

友だち追加

さがみ鍼灸整骨院は町田駅にもあります
http://www.machida89.net

本当に大切なコト

わたし自身が大病を経験しているからこそ伝えられることがあります。健康に携わる仕事をしていて本当に大切なコトは「今ここ」です。他人と過去は変えられない、自分と未来は変えられると言います。頭ではわかっていても過去の出来事を引きずっていたり、必要以上に未来の不安を感じることもあります。

心と体は切り離せません。不安や恐れを抱いている時、身体にも変調が現れます。症状が身体に現れているからと言って、原因も同じく身体にあるわけではないのです。自分でも気づけないコトが身体の変調を引き起こしていることもあるのです。

痛みや不快な症状は必要があって現れているわけで心身からのサインです。サインを無視して無理を続ければ、徐々に回復力が低下して元に戻る時間が長くかかります。心と身体にとって不自然なことが続いているからいつまでも症状が続くのです。誤魔化したり我慢をするのではなく、自然の法則にしたがって楽な気持ちと動きで心と身体を一致させることで本来備わっている回復力が発揮され元の状態に戻れます。

当院は整骨院の届けもしていますが、健康保険は取扱わず自費治療のみです。私たちで学び、経験した中で、何らかの症状にお困りの方にお勧めしたいと考えたものを導入しています。 私達は「これだけで治る」とか、「○○をやってはいけない」とか、特定の病院・治療法を否定したりする事はありません。 ただ、良いと思うものを自信を持って提案しています。 自費治療ですから、どのように治療を受けるか…は個人が自由に選択される事です。 西洋医学との掛け持ちも良いと思います。世の中は確実に「ほんもの・自然派」求めています。そういった流れから古来から自然の法則を受け継ぐ東洋医学が必要とされています。

自分が存在するのは、自分と他人と環境から成り立っています。

サブコンテンツ

さがみ鍼灸整骨院のこだわり

  • 電気治療はしません

    低周波治療器なら家電量販店でも購入することが出来ます。一般的な整形外科や整骨院では保険請求のために電気療法を一定の時間行うのが当たり前になっていますが、当院では電気刺激して筋肉をピクピクさせることは一切ありません。

  • ひとり一人の体質に合った施術

    傷病名が同じでも、誰一人同じ身体ではありません。東洋医学では身体の状態を【陰陽・虚実】を確認して、部分ではなく身体全体のバランスを整え調和を図ります。あなたの内側にある回復力を引き出すことを第1に考えています。

  • 責任もって健康管理アドバイスをします

    身体は毎日の生活の中で健康を一定に保とうと免疫力が働いています。それでも外部環境や生活習慣によって体調を崩いてしまうことがあるかもしれません。当院では健康に関することは何でも相談できます。必要ような場合は、専門の医療機関を紹介しています。また、当グループは漢方専門薬店を町田院に併設しています。体質に合った漢方薬も提案できます。

4つのバランスを整える

あなた以外の他の人が代わりにやってくれない4つのこと「息・食・動・想」があります。

このページの先頭へ