初めての方へ

さがみ鍼灸整骨院の施術方針について説明していきます。他の鍼灸整骨院とは異なる点がいくつかあると思いますので、初めての方はよく読んでから予約されることをお勧めします。

当院では健康保険は取扱っていません。また、マッサージは一切行っていませんので、長い時間筋肉を揉んでもらいたい方やリラクゼーションや慰安が目的には対応できません。

本厚木駅周辺には、たくさんの鍼灸院や整骨院があってどこへ行けばいいのかわからないですよね。 また、マッサージや整体、整骨などの名称が乱雑し、自分に合った最適な治療が何なのか?わからないですよね。 もしかしたら今まで色々な治療院に行き、治らない治療をしてきたのではないでしょうか?

整形外科や整骨院に行っても電気を当てられるだけで満足しないこともあったのかもしれません。 もしそうであったならば落胆されたのではないでしょうか。 今後の不安も大きいですよね。 あなたは、もう痛みと付き合う苦しい生活から解放されるべきです。 まずは今まで頑張ってきた身体と心を少し休めてねぎらってあげましょう。

当院の特徴としては 施術時間は20~30分ほどの短時間です。 マッサージやほぐしは一切しません。 痛い部位にはほとんど触れません。

それでもお陰様で混み合っており、予約も取りにくい状況となっています。 当院は常時60名以上の予約が先まで入っている状況です。 当日のご予約は空いていれば入ることが出来ますが、ほとんどの方をお断りしている状況です。 特に土曜日は非常に混み合います。 2週間先を目安にご予約ください。 平日の18時半以降も混み合う事が多いのでお早目のご予約をお勧めします。

治療法も他とはかなり変わっています。 ボキボキ治療はしません。 マッサージはしません。 電気治療機器はありません。 今まで味わったことのないような「気持ちいい施術」をしています。ひとり一人に合わせて施術を行っているので完全予約制となっております。そのため、突然来院されても予約が入っていると対応できないことがありますので、必ず事前に電話で予約をして下さい。予約は当日も受付けています。

施術に対しての考え方

最近、格安マッサージ店や整体院がありますが、当院は価格より施術の質に重点を置いています。 慰安目的ではありません。症状の改善が目的ですので慰安目的の方はご遠慮願います。

当院は多くの長年悩まれた方々に最後に選ばれています。 今の症状を放置して適切な施術を受けないと今後悪化していく可能性があります。 今は痛いだけかもしれませんが、痛みをずっと我慢し続けることで、改善が難しくなってしまう例が実際にあるのです。

治療家として他人のお体に触れるという事は「あなた」の人生を左右することと認識しています。 当院の施術に納得し、満足されたうえで「かかりつけ院」として長いお付き合いをさせていただきたいと思っています。

当院では操体法と言う施術法を使い、根本から治していくことを重視しています。操体法とは、仙台の故橋本敬三医師が考案された施術法です。当院では、操体法をさらに発展させた多次元操体法を正式に伝承しています。

こんな間違った常識が180°変わります

  • 強いマッサージが効く
  • ほぐしが効果的
  • 施術時間が長いほうが効果的
  • ボキボキ矯正、電気治療が早く治る
  • 痛いところを直接治療したほうが良い
  • 毎日通わないと良くならない
  • 1回で100%治る
  • 自分で治すことは出来ない

常識の裏側から整える

当院は東洋医学の考え方が基本となっており、鍼灸と多次元操体法を行っています。
体の痛みや不快な症状は生活の赤信号、自然の法則に反したことが起因して痛みや不快な症状として現れていると考えています。

じつは、症状が現れているところが原因ではありません。症状が現れているところは体が回復する過程において必要があって痛みや不快な症状として現れているのです。
当院では無理に抑え込もうとせず、そっとしておきます。私たちは、身体が楽な方へ導くためにゆがんだ身体のバランスを整え、本来発揮できる回復力が働くように調和を整えることを目的として施術しています。

回復は早い人であればその場で変化が現れますし、時間が必要な人もいます。現在は過去の結果、未来は現在の結果です。つまり、これまでの生き方が身体に現れているのです。いつまでも他人や環境のせいにしていて他力本願ではもったいないです。あなたの身体には素晴らしい回復する力が備わっています。

自然に反するような無理を続ければ身体は悲鳴をあげます。でもチョッとした不自然なことだと無理をしているとは感じず、むしろその不自然な状態に慣れてしまっているかもしれません。だから身体に症状が出た段階で、何が原因なのか全くわからない人がいるのも当然なのです。

一般的には病院や整形外科に行けばレントゲンやMRIなど画像診断で異常がないのか?特に問題が見つからなければ湿布や薬を出されるだけかもしれません。私たちは検査をすることは出来ません。そのかわり身体の声を聴くことから始めます。どうすれば身体が不快なのか?

この文章を読まれている方は、きっと何か必要があって当院と出会うタイミングだったのだと思います。
この機会に人生3大悩みの「健康・人間関係・お金」の最も大切な健康に対して向き合ってみてください。健康を手に入れることは一生の財産です。

施術方針

当院は以下のような治療理念を掲げています。

体を回復する仕組みは、あなたの内側にあります。だから私たちは治しませんし、治せません。人間の身体は複雑で高度な凄い能力を持っています。私たちの施術は歪みを整え、根本的な治癒を促すのが目的です。あなたの回復力を引き出すお手伝いをします。どうすればいいか、答えはあなたの身体がちゃんと知っているので身体と対話していきます。

当院の治療理念は他の治療院と比べると相当変わっていると思います。 しかし、人によって生活スタイルも異なりますし、骨格や既往歴も違います。 あなたと全く同じ生活をしている方は誰一人いません。 私たちがあなたの仕事やプライベートまで全てコントロールするのはもちろん無理です。
でも多くの場合、日常生活の中に問題があります。ストレスや体の使い方、時間の使い方、食事など自己責任によるものがかなり多いのです。 色々な問題が積み重なって現在の体を作っているのです。「治しません」というのは、「治りません」という意味ではありません。自分が作り出した問題は自分でしか解決できないのです。不自然なことをしているから自然に回復していくことが出来なくなっているのです。どうやったら回復していくのか?を私たちは治すという立場ではなく、回復する方向へ導くコーチという立場で施術しています。結果的に多くの人たちがその真意を理解され、喜びの声を頂いております。ぜひ自分で回復出来るようなっていきましょう。

体を回復する力はあなたの中にある

あなたは身体や心の不調があり、その問題を解消したくてこの文章を読まれているかもしれません。また、これまでに薬や電気治療やマッサージ等を受けても改善されなかったりして、もっと他に何か別の方法はないのだろうかと調べるのかもしれません。

人の身体は部品で構成された機械ではなく、肉体・精神・魂から成っています。現在の状態は過去の結果、未来は現在の結果です。体と心のつながりが分断されたり、偏っていたりバランスが崩れることによって意識と行動の一致せず不調を現していると考えています。

体を回復する力はあなたの中に備わっていだけれど、心が無理をしていたり、何かしらの阻害する要因があるため元の状態に戻りにくくなっているのです。

私たちは治しませんし、治せません。身体が治る仕組みはあなたの身体の中にあります。当院ではあなたの体の声を聴くことからはじめます。施術は私とあなたで一緒に行うセッションです。自然の流れを意識して、自分と向き合う原理原則のお手伝いをさせていただいております。

口コミ評価

以下のような方は当院ではお断りします

  • あまりに失礼で横柄な態度の方だと、私たちが引いてしまい適切な施術を行うことが出来ません
  • お金さえ支払えば何でも解決できると勘違いされている方
  • 施術は当院とあなたで一緒に行うセッションなので、非協力的な方だと効果を発揮できません
  • 極度のネガティブな思考や依存が強い方
  • 時間やキャンセル規定を守れない方
  • 何が何でも1回で治してほしい方
  • マッサージやほぐし、ボキボキ治療を求めている方
  • 人の話を聴かない方
  • 長時間施術されなきゃ嫌な方
  • 当院の方針とは合わないと判断した場合には施術をお断りさせていただきます。 また、施術を進める中で当院の施術法よりも病院受診など他の治療をしたほうが良いと判断した場合も施術を途中で中止することがあります。 その際にはプロとしてあなたにとって1番良い方法を提案していきます。

    料金のお支払方法

    当院では、現金またはクレジットカードでの支払い方法をご用意しております。
    お客様に合った無理のないお支払い方法をご選択ください。

    回数券

    短期間に集中して施術を受ける又は経過観察しながら施術を受けたい人向けです。
    お支払い方法は、現金・カード支払いの2種類あります。

    継続コース

    定期的にご来院される人向けです。
    クレジットカードで支払いが出来ます。

    施術を受けた毎月同日(銀行休業日の場合は翌営業日)に、
    翌月分の料金が自動で支払いが完了出来ます。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ