さがみ鍼灸整骨院では、初めて治療を受ける人の身体の状態を知るために

舌の状態を確認します。
患者さん自身、あまり舌を見ることがないと思いますが、
舌の状態も人によって千差万別です。
東洋医学では舌診(ぜっしん)と言って鍼灸師は必ず患者さんの身体の状態を確認するための検査の一つです。
特に不妊症や更年期障害の人に対しては、舌診を毎回チェックをして生活習慣の改善指導も行っています。
最近は季節柄インフルエンザや風邪をひいている人で喉の痛みや乾きから
のど飴を持ち歩いている人も多いかと思います。
治療の時は舌の状態を確認するまではチョットだけ我慢して舐めないでくださいね
舌の状態は、色や形など身体の状態が反映されているので
歯磨きをした時は大きく口を開いて舌を思いっきり出してみて下さい。