厚木市在住、中学生の女性。

部活でバスケットボールをやっています。
練習はハードで、最近は膝に痛みが出てきてしまい、
走ることも辛くなってしまいました。

ほとんど膝を曲げることもできなく、
普通に歩くときも、足を引きずってしまいます。

翌日には試合があり、
どうしても出なければならなかったので、
当院に来院されました。

早速、膝の状態を診てみると、
確かに、ほとんど膝が曲げられません。
お皿の下が特に痛みが強く、
そこを押してみると、激痛です。

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の張りが強く、
症状的にはオスグットの症状に近いです。

通常、オスグットは膝の下の骨が出っ張ってきてしまいますが、
今のところ、骨は出てきていません。

負担がかかりすぎて、
お皿の下に炎症が起きている状態です。

なので、治療としては、
整体治療をして膝の動きをよくしていきました。

特にオスグットはある方法を行うと、
すぐに膝が曲げられるようになります。

実際にその方法を行ったところ、
本人はもちろん、一緒に来ていた両親までもが、
「あれ?曲がる!」と驚いていました。

その後はテーピングをして、
次の日も同じようなテーピングをしてもらうと、
後日来院された時は、
「膝の痛み無く、普通に試合に出られました!」
と嬉しい報告をいただきました。

最近の中学生は、下校時間が早く、
ストレッチなどの、ケアが疎かになってしまっているようです。

その場ですぐにストレッチなどが出来なくても、
家に帰ったら、しっかりと行うようにしてください。

そして、どこか痛みが出てきてしまったら、
すぐに治療を受けるようにしてくださいね。