藤沢市に在住の40代男性、会社員のUさん。
趣味でバレーボールをされており、膝の痛みが強いので、
勤務先である、本厚木で治療院を探し、
当院に来院されました。

週に1回、バレーボールをしていて、
アタックをする際や、ジャンプして着地する際に、
左膝に激痛が走ります。

長年、膝の痛みを抱えているので、
バレーボールをする際は、
いつもテーピングとサポーターをしています。

テーピングとサポーターをしていても、
痛みが出てきてしまうので、
思いっきりプレーができない。
最近では、階段の昇り降りでも、
痛みが出てきてしまう。
とのことでした。

左膝の状態を診てみると、
太ももの前の筋肉が硬くなっていて、
膝の曲がりが悪くなっています。

更に話を聞くと、
「過去に左の足首を何度も捻挫している。」
「足首もずっと違和感がある。」
とのことでした。

足首の状態も診てみると、
たしかに反対の足と比べると、
動きが悪いし、力の入り方も弱くなっています。

なので、治療としては、
鍼灸治療で膝や足首周りの血流を改善し、
整体治療で膝の動きを良くして、足首の調整をしました。

すると、
「膝と足首が、軽くなりました!」
と喜んでいただきました。

そして、テーピングの正しい巻き方や、
自分で出来るストレッチなどをアドバイスしていきました。

その後も定期的に治療を続けていき、
先日、来院された時には、
「もうサポーターもテーピングもしていません。
痛みが無くなって思いっきりプレーが出来ています!」
との報告を頂きました。

これからも、趣味のバレーボールが、
思いっきり出来るようにサポートしていきます。