今回は子供に多いガングリオンの治療について紹介します。

念の為、ガングリオンは「ガン」ではないことをお伝えしておきます。
知らない人にとっては何か大変な病気かと勘違いされますが、関節に出来る塊と理解して下さい。
塊の大きさや硬さは様々です。
子供の手首の関節に出来ることが多いです。
症状がない場合や痛み、しびれを伴うことがあります。
一般的には整形外科でゼリー状の内容物を注射で抜くことが多いです。
ただ、再発することが多いです。
先日、ガングリオンの鍼灸治療を1回して、その後も効果が持続している例を紹介します。
わかりやすい様に手首を曲げるとポッコリ塊が突出します。
鍼灸治療を1回したところ、
直後に大きさは半減しました。
約2週間後に確認すると塊は消失しました。
何度も注射で抜いても再発を繰り返す場合は、鍼灸治療をお勧めします。