川崎市在住 Oさん 33歳 初診時妊娠34週
Oさんは妊娠20週の時に健診で逆子と言われ、
その後も健診の度に逆子のままでした。
妊娠30週を過ぎても逆子が治らず、
出産予定日もどんどん近づいてきたため、
「何とかしたい」
「わらにもすがる思いで…」
鍼灸治療を受けに来ました。
お話を聞くと、
自宅ではめんどくさいからシャワーのみで
入浴をほとんどしないとのことで、
足先がかなり冷えていました。
脈や舌の状態をチェックすると、
水分代謝も血の巡りも悪い状態です。
鍼灸治療を行い、
Oさんには
自宅での温灸、
入浴、
足の指のマッサージ、
を宿題として出しました。
4日後の2回目来院時、
しっかり宿題をしてきてくれたようで、
脈や舌の状態も改善し、
足先も温かくなっていました。
短期間でこれだけ変化が出るのは、
本人がものすごく頑張ったあらわれです!!!
その後の健診で、
「逆子が治っていました!!」
と報告をくださいました。
出産までの期間は限られています。
いつもはめんどくさいと思っている入浴も、
この期間だけでも
とにかく集中して行うことが必要です。
鍼灸治療も集中して
週2回のペースで通っていただきます。
集中ケアで次の健診で逆子が治っていれば、
その後のマタニティライフをゆったり過ごすことができますね!
逆子でお悩みの方、
今すぐご相談ください。
042-722-5885