秦野市在住 69歳 女性 Sさん

Sさんは2年前に知人の紹介で当院へ通院。
初診時の主訴は肩こりと耳の聞こえにくさでした。

若い頃から介護の仕事をしていたので、ぎっくり腰も何度か
繰り返しており、全身の調整・メンテナンスを目的に
1年2ヶ月ほど定期的に通院していました。

元々、身体を動かすのが好きなSさんは毎日のウォーキングと
週1回の太極拳、ジム通いをされていました。

また当院でお教えしたストレッチをとても真面目にされ、
調子が良くなったのでしばらくはご自身でセルフケアに精を出していました。
しかし、先月久しぶりにSさんからお電話を頂きました。
「先生、なんだか首が痛くて痛くて、全然動かせないんだけど、
診てもらえますか?」と。

早速、来院されお身体を診てみると、
横を向いたり、上下に動かしたり、首を倒したり、
どの動作も痛みを伴い、全然動かせていませんでした。

詳しく話を聞いてみると
「今年の夏に息子夫婦が引っ越してきて、
その手伝いやら何やらで毎日バタバタしていて。

お嫁さんが体調を崩したのもあって、孫を預かったりしてたら、
全然自分の時間が作れなくなっちゃって、
ウォーキングも何も出来てなくて運動不足なのはわかってたんです。

そのうち気がついたら、首が痛くて、全然動かないから
焦って先生のところに電話したんです。」
とSさん。

そこで鍼灸治療をした後、
身体全体のバランスをとるように整体治療を組み合わせました。

すると
「あー、久しぶりに身体がよく動いてる。
伸ばしたかったことろが、気持ちよく伸びてるわ。

気持ちはいつまでも若いつもりだし、動けるから動いちゃうけど、
やっぱり身体には負担になっていたのね。
またしばらく通いながら、自分でも身体を動かし始めるわ。」とSさん。

元々、身体を動かすことが好きで、
健康のためにと太極拳にも通われているSさん。

ついつい頑張りすぎちゃって、今回の痛みが出てしまいましたが、
そこをしっかりとご自身で理解された上で、
またセルフケアを頑張ると言ってくれる前向きな姿勢が
とても素晴らしいですね!!
身体を良くするために大事なことは
まず自分自身がきちんと身体と向き合うこと!

身体の不調を感じ始めたときこそ、
自分の生活を見直すチャンスです。

忙しいからと自分のことを二の次、三の次にせず、
しっかり向き合ってくださいね。

私たちはそのためのお手伝いをいたしますので、
お困りの点はお気軽にご相談ください。