厚木市在住、高校生のAさん。

 

部活でバスケットボールをしています。

 

高校に入学してからもどんどん身長が伸びていき、
現在は190cm近くあります。

 

高校の練習もハードのため、
どんどん膝に痛みが出てきてしまいました。

 

普段はテーピングをして、
だましだまし練習をしています。

 

当院に来院された時も、
膝の痛みが強いため、
屈伸ができません。

 

しかも今は新人戦の真っ最中なので、
休むことができない。

とのことでした。

 

足の状態を診てみても、
膝のお皿の下、

「脛骨粗面」という場所を押すと痛みがでます。

 

通常、オスグットはこの場所の骨が出っ張ってきてしまいますが、
Aさんはまだ出っ張ってきていません。

 

このまま放っておくと、
さらに痛みが出てきてしまい、
骨も変形してしまう恐れがあります。

 

なので、整体治療をしていきました。
ある動きをすると、
あっという間に、膝が曲がります。

 

ほとんど曲がらなかった膝が、
完全に曲げられるようになり、
一緒に来ていたお父さんも、
「お~!」と驚いていました。

 

太ももの前の筋肉、
「大腿四頭筋」も硬くなっていたので、
整体治療をして緩めていくと、
ほとんど膝の痛みが気にならなくなる程に!

 

最後に正しいテーピングの仕方を教えて終了。
これからの新人戦も無事に出場出来るはずです。

 

 

中学生や高校生で成長途中の子に多いオスグット。
病院や他の整骨院に行っても、
電気やマッサージをしたり、
湿布を出されて終わることが多いそうです。

 

それでは、なかなか痛みが引いたり、
膝が曲がるようにならないので、
もしオスグットなど、
膝の痛みでお困りな方がいらっしゃいましたら、
ぜひ一度治療を受けてみてください!