厚木市在住のMさん、大学生。
サークルで野球をやっています。
高校時代はピッチャーで思いっきりボールを投げていました。
しかし、
大学に入ってから、
段々とボールのスピードが落ちていき、
無理やり投げていると、
右肩に痛みが出てきました。
痛みをかばって投げて、
スピードが落ちていき、
さらに痛みが増す。
という悪循環に。
最近ではピッチャーではなく、
外野にポジションを変えてしまいました。
Mさんのそんな状態を心配した
サークルの先輩に、
当院を紹介されて来院しました。
そのサークルの先輩も、
野球をしていて、肩や肘を痛めて通院しており、
すっかり良くなったので、
Mさんを当院に紹介してくれました。
早速、Mさんの肩の状態を診てみると、
特に肩を大きく動かしても、
痛みなどは出なく問題ありません。
話を聞いてみると、
「普段の生活ではなんともない。
ただボールを投げた瞬間に痛みが出る。」
とのことでした。
そして、
肩を実際に触ってみると、
左肩に比べて筋肉の張りがかなり強く出ています。
特に肩鎖関節といって、
鎖骨の一番外側周辺が硬くなっています。
Mさんにも触って確認してもらうと、
「あれ?なんか右と左で形が違いますね。」
と初めて実感。
治療としては、
かたまっている右肩周辺に鍼治療をしていきました。
鍼をしているうちに、
段々と右肩の筋肉は緩んでいきました。
しかし、
肩鎖関節周辺はまだ硬いまま。
なので、
この肩鎖関節周辺に直接もぐさをのせて熱を加える、
灸治療をしていきます。
熱さを感じながら、
何度か同じ場所に熱を加えていくと、
少しずつ柔らかくなっていきました。
最初の治療はこれくらいにして、
年末年始はボールを投げたりせず、
ゆっくり休むように伝えました。
そして、年が明けて最初の練習が終わり、
Mさんが当院に来院されました。
「8割くらいの力で投げてみました。
肩の痛みは全く無かったです!」
と喜んでいました。
また思いっきり投げられるように。
そして、ピッチャーとして活躍出来るように、
これからもしっかりとサポートしていきます。

 

「免責事項」

お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。