厚木市在住のNさん。
普段はデスクワークと車の運転をすることが多いです。
年明けから、仕事が忙しく、
毎日夜遅くまで残業をしていました。
先週の金曜日から、
なんとなく首に違和感を感じていましたが、
仕事が忙しかったため、
特に気にせず仕事を続けていました。
仕事が終わって帰宅し、
疲労も溜まっていたので、
すぐに就寝しましたが、
次の日の朝、
首に激痛が走り、起き上がることができません。
そんな状態で土日は家で安静にしていました。
土日をしっかり休めたおかげで、
月曜日からは、
なんとか仕事が出来るまでに回復しましたが、
辛い痛みはなかなか引きません。
月曜火曜日と仕事が忙しかったため、
治療を受けたりすることができませんでしたが、
水曜日にやっと時間が取れたので、
当院に来院されました。
来院された時の身体の状態は、
首の痛みがまだ強くて、
左右に振り向くことが出来ず、
上や下を向くことも出来ない状態。
身体を触れてみても、
上半身全体が固まっています。
なので、
まずは首や肩、背中周りに鍼灸治療を行なっていきました。
Nさんは、
当院で何度も鍼灸治療を受けたことがありましたが、
この日の鍼を受けた感覚は、
「今までで一番心地よい感じ」
とのことでした。
鍼灸治療が終わった時点で、
首周りの筋肉はだいぶ柔らかくなり、
全身の緊張が抜けた感じです。
まだ、
首の動きは制限されたままだったので、
整体治療でさらに動きを改善していきました。
整体治療といっても、
マッサージをしたり、ボキボキ鳴らしたりはせず、
わずかな刺激で身体を緩めたり、
Nさん自身に身体を動かしてもらったりしていきます。
そんなわずかな刺激でも、
段々と身体のバランスが整っていきます。
治療後には、
ほとんど動かなかった首も、
完全に元通りというわけではありませんが、
日常生活では不便がないくらいまで、
改善していきました。
Nさんも治療後、
「めちゃくちゃ動くようになりました!」
と喜んで頂きました。

Nさんは、
首を痛めてしまった理由がわからない。
とのことでしたが、
このような寝違いの症状は、
こうしたから痛くなる。
というものではありません。
普段の生活習慣、姿勢などが大きく関わってきます。
知らない間に、首に負担が掛かり続け、
それがある時にパッと痛みが出てくることがほとんどです。
ギックリ腰も同様のことが考えられますので、
首や腰に痛みが出やすい方、
今一度、生活習慣や姿勢を見直してみてください。