卵子の数は生まれてきた時から決まっており、卵子のもととなる原始卵胞は日々減っています。

卵子を育てる袋(卵胞)には、もととなる原始卵胞というものがあります。

女性は、生まれる時にはこの原始卵胞を卵巣に約200万個蓄えています。

そして、生まれてから月経のはじまる思春期頃には、約170万個から180万個が自然に消滅し、 思春期・生殖年齢の頃には約20~30万個まで減少します。

それでもまだ減少は止まる事はありません。

その後も一回の月経の周期に約1000個が減少しており、1日にすると30~40個が減り続けているとされています。

原始卵胞は、まるで砂時計のように刻一刻と落ちていき、なくなっていくのです。


今できることは何か、目的を明確にして、今ある卵子を無駄にしないことが大切です。