当院に不妊鍼灸を受けに来ている方の年齢層は30代後半〜40代の方がほとんどです。少数ですが20代の方もいらっしゃいます。

 

平均的な閉経の年齢は、40代後半から50代前半です。

何年後かに訪れる閉経を前に焦りながら、大きなプレッシャーを抱えて妊活をしていることが想像できます。
 

高度医療を受けている人かが多く、タイミング指導、人工授精を経て、体外授精や顕微授精を何回も繰り返している人もいらっしゃいます。

 


 

では、40代で行う妊活が、根本的に若い年齢の妊活と違うのかというと、そうではありません。

 




基本中の基本ですが、まず根本的な体調を整えましょう!

 

病院の検査では数値化できない、心身の体調を整えるということです。

 

ストレスが妊活に悪影響だということは、先日もご紹介しました。

もちろん身体の不調も妊活には大きな影響が出てしまいます。

 

たとえば...

・からだに痛みを抱えている。

・疲れが取れない。

・栄養状態が悪い。

・冷えが強い。

・基礎疾患がある。


 

こうしたからだの不調は、あなたの妊娠する力を大きく奪います。

 

当院ではこうした病院ではサポートできない問題を改善し、身体から少しでも不調を無くすようサポートいたします。

 

そうすると、

・卵の質が良くなる。

・生理周期が整う。

・卵が育つ。

・体調がよくなる。

・心理的な安心感を生む。

・子宮内膜が厚くなる。

 

といった、大きなプラスポイントが得られるかもしれません。
(実際、上記のようなお声を多数いただいております。)