15歳女性、Sさんは現在学生です。

4月末に交通事故に合いました。
その後すぐに病院受診しました。診断結果は、首の捻挫、腰の捻挫、足の打撲、足首の捻挫を受傷しました。

初め来た時は、首の症状が酷く全く後ろに首が倒れませんでした。
首を走る筋肉がカチカチになっていて、そこを押すと激痛が走るようでした。

Sさんには、操体法をメインに治療をしていきました。

治療前は、首を倒すのに痛みが出て少し斜め上を見るくらいでした。治療後は、天井を見るくらいまで首が後ろに倒れるようになりました。
Sさんは治療後「え、凄い…。首が倒れるし、痛みも減った!」と実感して頂きました。
今現在は痛みも引いてきていて、動かせる範囲も広くなってきました。

その一週間後には右膝が浮腫んでしまって痛みもあるとのことでした。
足の循環を良くするツボに鍼とお灸をしましたが、2回やっても浮腫は完全には取れなかったので、温灸器という機械を使って膝周辺に灸と同じような刺激をしてみました。
4日後に来院してもらうと、膝の浮腫、痛みが引いていて、足は絶好調になりました!!

痛みなどの不調は早期治療がとても重要です。

特に事故の場合、『早期受診』が大切です。

受診が遅れてしまうと自賠責保険を使えなかったり、治りが遅く痛みが長引いたりと、いいことがありません。

万が一、事故にあった場合はすぐにご連絡ください。