スポンサーリンク
63歳男性Mさん、お仕事は工場で働いています。 症状は、腰の痛み、左足の痺れが出てきたために病院に行くと腰椎椎間板ヘルニアと診断されたそうです。 処方された薬を飲んでも効き目がなく、Mさん自身あまり薬は飲みたくないと言っていました。 シャワーを浴びていても左足が火傷したようにヒリヒリとしたり、かかとを太い木で刺されてるような激痛、足の甲の感覚が鈍く痺れたりといった症状も出ていました。 触診していくと、足のスネの筋肉がガチガチになっていたので、腰と足を重点的に、鍼灸、操体法をやっていくことにしました。 治療後Mさんは、「あれ?足の感覚が戻ってる。痺れも親指だけになってるし、かかとの刺されたような感覚も無くなった!!ここに来て良かった。」と笑顔でおっしゃって頂きました。 椎間板ヘルニアとは、飛び出した椎間板が神経を圧迫して痛みや痺れ、筋力低下といった症状が現れます。 鍼灸治療では、その飛び出した椎間板を取り除くことは出来ません。 ですが、疲労している筋肉に直接鍼を刺すことにより、骨を支えている筋肉と椎間どうしの緊張が緩み椎間板にかかる負担を減らすことは出来ます。 ヘルニアは痛み、痺れ、筋力低下などが現れてきて、ひどい方では日常生活するのにも支障が出てきてしまうほどです。 個人差はありますが、鍼灸治療を受けることでMさんのように症状を改善することができます。 ヘルニアでこのような症状をお持ちの方は、我慢せずに早めにご相談ください。 お待ちしています(^-^)/