今日は【舌】の話です!

皆さんは舌の状態を鏡で見ることはありますか?

実は舌の状態は体調を表したり、その人の体質がわかる重要な器官です。


正常な舌というのは
・色は薄いピンク色
・苔が白色で薄く均等で、適度に潤っている
この2つが大切です。


例えば



左がビフォー、右がアフターです。


左の写真は舌の色が白っぽいのがわかります。そして苔も厚いです。
・舌が白っぽい、苔が厚い → カラダが冷えている可能性

右は治療を続けて今現在の写真です。
色に赤みが出てきて、しっかりとピンク色です。苔も全体的に薄くなりました。




そして、もう一人。



左は赤みが強く、苔も黄色っぽくなっています。そして所々苔が剥がれていて、亀裂も所々に入っています。さらに舌の縁がボコボコしています。
・赤みが強い、苔が黄色っぽい → 身体に熱がこもっている
・苔がまだら → 身体の水分不足、アレルギー体質の可能性
・亀裂 → 身体の水分不足
右は治療してしばらくした写真です。
亀裂や縁のボコボコはまだありますが、色が綺麗な薄ピンク色になりました。そして苔が黄色から白に変わり剥がれることなく均等になりました。



良くも悪くも、体質が変わると舌の状態ももちろん変わります。

ご自身の舌を頻繁に見るようにすると、体調がいい日、悪い日の舌の変化がわかります。

体質改善したいと思っている方は、いつでもご相談ください。

鍼灸や漢方薬で体質改善のお手伝いをします。