スポンサーリンク
鍼灸整体治療で通院中のNさん。

普段は肩や腰の症状を訴えますが、前回来た時は左膝が痛いとのこと。

話を聞くと『年に何回か痛くなる。1週間ぐらいで治るからいつも放っておく。今日痛くなったのもあって相談しようと思って。』と。


Nさんの痛む場所はお皿少し上で内側。内側広筋(ナイソクコウキン)という筋肉の場所です。

Nさんの場合、左右の筋力を比べてみると少しですが左の方が弱い感じがしました。


内側広筋は大腿四頭筋という太ももの前の筋肉の1つで、役割は膝の伸展(膝を伸ばすこと)です。

歳を取るなどしてこの筋肉が衰えてくると転びやすくなったり、膝の関節が変形したりと様々な支障が出てきます。



Nさんには治療後に自宅で簡単にできる、筋トレを教えました。



それから約一週間が経ち、昨日来院された時に話を聞くと、『今回の膝の痛みは治療後にすぐ治った。筋トレも続けて行なっている。』とのことでした。



筋肉は何もしないとどんどん衰えていきます。今のうちから少しでも運動やトレーニングをしておくといいかもしれませんd(^_^o)