スポンサーリンク

妊娠後期の妊婦さんは腰痛になる割合が高くなります。 その理由としてお腹が大きくなるにつれて、前に重心がいきます。それのバランスを取ろうとして、背中が反るような姿勢になり、筋肉に負荷がかかってしまいます。

さらにもう一つ、出産に備えて徐々に骨盤の靭帯が緩まります。さらに子宮が大きくなりにつれて、腹筋が弱まり、骨盤を支える体幹の筋肉が引き伸ばされることも原因の一つと言われています。


腰痛を予防するには、シンプルに腰に負担をかけないこと、正しい姿勢を心がけることです!

例えば寝ている状態から、起き上がる時。 時々いらっしゃるのが、勢いをつけてよいしょと仰向けの状態から腹筋を使って起き上がることです。

負担をかけない起き上がり方というのは、まず仰向けの状態からゴロッと横向きになり、軽く膝を曲げます。そこから、ヒジをベッドにつき体を支えるようにし、腕の力を使って起き上がると負担なく起き上がれるでしょう。


正しい姿勢とは、耳の穴、肩、大転子(太ももの外にある骨の出っ張り)、くるぶしが一直線になると正しい姿勢と言われています。

また無意識に行なっている癖。
例えば片足重心で立つ、荷物をいつも同じ方で持つなど...。
これも身体に負担がかかるので気をつけましょう!