スポンサーリンク

 

先日、ストレッチの3つの効果についてお話ししました。

① 柔らかい体になる
② 快適な体になる
③ 心身ともにリラックス



今回は ① 柔らかい体になる について、掘り下げて話します!


まず運動不足が続くと体はどんどん硬くなります。そして、体の硬さをコンプレックスに感じているという人が、特に女性を中心に増えているようです。

ストレッチは筋肉の柔軟性を増し、伸びやすくします。伸びやすくなると、関節の動ける範囲(関節の可動域)が広がります。

関節の可動域が広がると動作に余裕ができるので、動きがスムーズになります。するとスポーツパフォーマンスの向上に繋がるうえ、怪我も起こりにくくなります。



逆に筋肉の柔軟性が低下し、関節の可動域が狭くなると、スポーツ時にはもちろん、日常生活でもマイナスなことが。

足の筋肉が硬く張った状態だと、骨盤を引っ張ってしまい姿勢が悪くなる可能性が高くなります。

高齢者の場合は転倒に繋がる可能性も出てきます。



筋肉が伸びやすくしなると...
○ 体をスムーズに大きく動かせる
○ 怪我の防止につながる
○ 姿勢が良くなる





筋肉の伸びやすさは、主に2つの要素によって決まります。


○ 筋肉の材質としての伸びやすさ
○ 筋力の脱力の程度


筋肉は縮む方向に力を発揮するので、脱力ができているほど伸びやすくなります!

ストレッチの魅力を知って、柔軟な身体を目指しましょう!