スポンサーリンク

 

 

みなさんは鍼灸治療について、どういったイメージや印象がありますか?


『効きそう』
『即効性がありそう』
『リラックスできそう』

とプラスのイメージの他に


『怖い』
『痛そう』
『熱い』

とマイナスなイメージを持っている方が多いです。


そのためか鍼灸治療の年間受療率はなんと6〜7%と言われていて、とても少ないんです。




現在通院中のOさん(60歳 男性)もマイナスなイメージを持っている内の一人でした。



首〜背中にかけての痛みで悩んでおり、ひどくなると頭痛や吐き気もあり辛そうでした。


鍼灸は怖いからとの理由で整体治療をしていましたが、3回目の治療の際に『鍼やってみようかな』とOさん!


その次の治療の際に体調を聞いてみると、『10だった痛みが3くらいに減った気がした』『鍼の印象が変わった』とニコニコしながら話してくれました。

それからは鍼灸と整体を組み合わせて治療しています。




鍼は髪の毛くらいの細さの鍼を使うので、チクッと一瞬痛みがありますが、注射の痛さと比べると全然です。

お灸も一瞬チクッとした熱さがありますが、火傷をしない程度の熱さですし、お灸自体もすごく小さいです。(お米の半分の大きさ)



マッサージしても良くならない、湿布や痛み止めでも辛さが続くという方は、一度鍼灸治療を試してみるのも一つの手です。



当院では鍼、針皿は全て使い捨てですのでご安心ください。