スポンサーリンク

 

 

もうそろそろ忘年会シーズンで、お酒を飲む機会が増えると思います。

みなさんは太るお酒と、太りにくいお酒があることをご存知でしょうか?





まずなぜお酒を飲むと太るのか...


実はアルコールは摂取しても、そのカロリーを熱として発散されるので、脂肪として蓄えられるということはほとんどありません。


しかしアルコールを摂取し過ぎてしまうと、アルコールの代謝にエネルギーが必要になるので、一緒に食べたおつまみの脂質や糖質が代謝されず、それが脂肪となり蓄積していくのです。


要するにアルコールで太るというよりも、それと同時に食べた料理やおつまみで摂った脂質や糖質で太るということです。



なのでお酒のカロリーが低いお酒を飲むより、糖質が少ないお酒を飲んだ方が太りにくいです。







では、さっそく太りやすいお酒(糖質の多いお酒)をご紹介します。



・ビール
アルコール度数が低く、大量に摂取しがちなので、要注意です。

・日本酒
食物繊維が含まれていないので、糖質=炭水化物量になります。

・ワイン
特に白ワインは糖質が高いので注意。赤ワインには、ポリフェノールが入っているので白ワインよりはgood。

・梅酒
砂糖が大量に含まれています。

・甘いカクテル
リキュールによってですが、かなりの砂糖が含まれています。カシスオレンジなどは割りもの(オレンジジュース)にも糖分が多く含まれているので、摂りすぎになってしまいます。





逆に太りにくい糖質ゼロの蒸留酒を、ご紹介。
割りものに甘いジュースを使わないことが鉄則です。


・ウイスキー
・ハイボール
炭酸水で割ったものならOK。コーラハイボールやジンジャーハイボールはNG。

・焼酎
麦、芋、米など炭水化物だが、お酒を蒸留する過程で糖質がカットされているため、どれでもOK。

・ジン
・ウォッカ
糖質がないので飲んでも太りにくいが、割りものに注意。ちなみにトニックウォーターにも砂糖が含まれています。

・生レモンサワー
レモンは果物の中でも糖質が低い。レモンシロップを使った生ではないレモンサワーはNG。





体重を気にしているが、お酒は飲みたいという方は糖質に注意してほどほどに飲みましょう。


糖質が低いからといって、飲み過ぎには注意してくださいね!