厚木でガングリオン治療

[cc id=2003]

 

41歳男性Sさんは、製造業のお仕事をしています。

Sさんの主訴は、右手の甲にあるガングリオンでした。

※ガングリオンとは・・・関節包内に黄色いゼリー状の液体が溜まったものをいいます。



お話を聞いていくと、2年前から出来たり潰れたりを繰り返しているそうでした。
毎日ピアノを弾いているので、その時に何か中で動いている…と感じガングリオンがあると発覚しました。

触ってみると、直径5ミリほどのガングリオンがあったので鍼灸治療をしました。

その日は、何も変化はありませんでしたが、
1週間後に来院してもらうと、ガングリオンが軟らかくなっていました!!

また1週間後に来院してもらうとなんとガングリオンが無くなっていました。

手の不快感が無くなりSさんは嬉しそうでした!!

ガングリオンは、放置しておくと大きくなり最悪神経を圧迫し痛みが出てしまうことがありますので早めに治療を始めてくださいね!

ご相談お待ちしています(^-^)/
タイトルとURLをコピーしました