スポンサーリンク

 

 

東洋医学で『瘀血(おけつ)』『血虚(けっきょ)』という言葉があります。

この2つの言葉は意味は真逆ことを表します。


東洋医学でいう血とは、西洋医学でいう血液とは少し違って、血液に含まれる栄養素や、正常に血液が流れているかどうかといった意味も含まれているので、西洋医学でいう血液よりも概念は広いです。
この血が全身の臓器や器官に栄養を与えていると考えられています。



『瘀血』
上記で説明した血の流れが悪く、滞っている状態のことを指します。

代表的な症状
・顔や唇の色が紫暗色
・あざやシミができやすい
・頭痛
・慢性的な肩こり
・動悸





『血虚』
血の量と質の不足により、臓器組織に栄養が十分に行き届かなくなる状態です。

代表的な症状
・皮膚にツヤがない
・皮膚の乾燥
・血色が悪い
・眠れない
・めまい




女性は一般的に生理前になると、お腹周辺の鬱血が強まり、生理が終わるとその鬱血は解消されます。

しかし瘀血傾向が強い方だと、生理が終わっても症状は続く可能性があります。





先日こんな患者さんがいました。

生理前後の話を聞いていると、生理前は瘀血の症状、生理後はめまいなどの血虚症状が出ているようでした。



実際に瘀血と血虚、生理周期によって変化するという方が意外といらっしゃいます。


こういった場合の改善策の一番は生活習慣を見直すことです。
・バランスの良い食事
・質の良い睡眠
・体を動かす
(激しい運動ではなく、ゆったりとウォーキングをしたり、リラックスした状態でストレッチをするなど)

↑
これは健康にとっても大切なことです!!



食事では瘀血のときは、体を温めるうなぎや羊肉。玉ねぎやニラなど香りのある野菜、青魚は『血』を動かすと言われています。

血虚のときは『血』を増やす働きのある色の濃い食べ物が良いです。例えば黒ごまや黒豆などの黒色食材だったり、ニンジンやトマトなどのビタミン類の多い赤色食材を摂ってみましょう! 牡蠣やレバー、ほうれん草もオススメです!


女性は生理周期によって、気分や体調が変化しやすいです。

自分に合った過ごし方で、快適ライフを送りましょう☆


鍼灸治療、よもぎ蒸し、漢方薬も活用してみてくださいね!