鍼灸治療で通院中のKさん(50台 男性)


はじめは腰痛の症状で来院しました。

最近では腰の調子が良くなり、上半身の症状が気になるとのこと。



先日来院時には、右手首と肘の痛みでした。どちらも曲げるときに痛みが出ます。


Kさんのお仕事はフォークリフトを乗るお仕事で、ハンドル操作をする時、右の手首と肘を曲げた状態で行うそうで、それを一日やるそうです。


実際に腕を触ってみると、内側(手のひら側)の筋肉が張っていました。

そこで、鍼灸治療と操体法を組み合わせて治療。


ある程度の張りは取れましたが、毎日のお仕事でまた同じ症状が出る可能性が高いです。


そこでお家で簡単にできるセルフケアをKさんに教えました。



次に来たときに『自分でケアするようになってから調子いいです!』とKさん。


教えたセルフケアをしっかり行っていたこともそうですが、調子が良くなって嬉しかったです!



治療を行なって症状が改善しても、これまでと同じ生活を送っているとどうしても同じ症状が出る可能性が高いです。

というのも、その最初の症状を作り出したのはその人自身です。また同じ生活を繰り返すとその症状も再び出ます。



症状を再発させないためには、何かを変えなくてはいけません。それはKさんのように毎日しっかりセルフケアを行うなど、少し意識するだけでもだいぶ違います。



私たちは患者さんの治す力のお手伝いをしています。

治すのはあたな自身です。