《ヒートショック》という言葉を聞いたことがあるでしょうか?


ヒートショックとは急激な温度変化が影響し、血圧が大きく変化することが原因で失神、脳梗塞、心筋梗塞、不整脈などが引き起こされ、浴室で起こると転倒の危険や、浴槽で溺れるなど命に関わります。

このヒートショックで亡くなる方は年間1万5千人以上とも言われています。




ヒートショックは主に家の中で起こることが多いです。


暖かい部屋 → 寒い脱衣所 
寒い脱衣所 → 熱い湯船
 熱い湯船  → 寒い脱衣所

このように暖かいところから寒いところ、寒いところから暖かいところに移動すると、血圧が大きく変動し脳梗塞や、心筋梗塞を引き起こしやすくなります。




特に注意が必要な方
・高齢者
・以下の病歴がある
(脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、狭心症)
・以下の持病がある
(高血圧、不整脈、動脈硬化、糖尿病)
・一番風呂が好き
・熱いお風呂(だいたい42度以上)に入る
・飲酒後の入浴する



ヒートショックを起こさないための予防策があります。

・脱衣所と浴室を温めておく
暖房器具を置くなどしましょう。無い場合は湯船のフタを開けておき、湯気で浴室や脱衣所を温めておきましょう。

・お風呂の温度を少し低めに設定する
42度以上で心臓に負担をかけることが知られています。38〜40度に設定しましょう。この温度の方が身体も温まると言われています。

・湯船から出る時はゆっくり
急に出ると、めまいや失神を起こしやすくなります。出る時はゆっくり出ることを心がけましょう。



これからもっと寒くなり、室内でも場所によって温度差が10度以上になるところもあり、ヒートショックの危険が増えます。

ほんの少しの工夫で命が救われます。気を付けましょう!