寒い日や天気が悪いに『古傷が痛む』と耳にしたり、実際に経験したことはありませんか?



原因として
・血行不良
・自律神経
・ストレス
が関係しています。



・血行不良
治療上完治していても、周りの筋肉や神経に少なからずダメージが残っている場合があります。するとそこの周囲の血流が悪くなったり、筋肉がスムーズに収縮しづらくなっています。


・自律神経
寒くなったり、天気が悪くなると自律神経の中の交感神経が活発になり、血管を収縮させます。すると神経が刺激され痛みを感じると言われています。


・ストレス
傷にまつわる人や事柄を思い出すと、痛みを再び感じることがあります。不安や恐れといった精神的ストレスによって自律神経が乱れ、痛みを感じると言われています。





古傷が痛むときの対処法として、
・天気をこまめにチェックする
・規則正しい生活を送る
・ストレスを出来るだけ溜めない



・天気をこまめにチェックする
天気を把握しておくと気持ち的に準備ができ、急な変化でのストレスを防ぐことができます。


・規則正しい生活を送る
しっかりとした睡眠を取り、身体を休ませることが大切です。


・ストレスを出来るだけ溜めない
こまめにストレス発散して、自律神経が乱れないようにしましょう。




当院でも何十年前に交通事故をしたときの傷が最近痛くなってきたという方が何人か来院しています。


古傷の痛みでお困りの方は、上記の対処法とプラスで治療を受けることをオススメします。