寒さの厳しい日が続いていますね。


最近では、目や顔のかゆみ、鼻水が出るなどといった症状のある方がいます。



そのかゆみ等の原因は「花粉」かも知れません。


花粉症といえば、春頃を思い浮かべますが、
スギ花粉は1月頃から飛び始めるのでこの時期から注意なんですよ!!


実は、花粉の症状を抑えるためには腸内環境を良くする必要があります。


腸には免疫細胞の6割が集中し病原体から体を守ってくれます。



腸の中に善玉菌が沢山あると体の免疫機能は十分に働きますが、悪玉が多くなると免疫機能働かずに花粉症も悪化しやすいと言われています。




善玉菌を増やすためには「水溶性食物繊維」を沢山摂ることが効果的なんですよ!!
※ニンジン・ダイコン・玉ねぎ・トマト・キャベツ・長芋…などの野菜に含まれています。



睡眠不足も免疫機能を弱らせる原因の1つです。
良質な睡眠を得ることで、免疫機能だけでなくホルモンや自律神経のバランスが整い、体調もよくなります。 




部屋を暗くして布団に入り横になるだけで、脳や体を休ませることが出来ます。
就寝前、スマホなどの明かりが出る物の使用は控えましょう。



生活習慣を見直すと花粉症の症状を抑えることが出来ます。
辛くて薬を飲んでいる方も是非今のうちから腸内環境を整えて、春先に向けて準備をしていきましょうね(o^^o)



当院では、花粉症に効果のある漢方薬をご用意していますのでお気軽にご相談くださいね!