妊活に必要な栄養素4つ

 

妊娠しやすい身体づくりをするためには、内側からのアプローチが大切です。

私たちの身体を作っているエネルギー源は食べ物。

自分の食べた物がそのまま栄養素として吸収され、細胞一つ一つを作っていきます。

食生活に乱れがあると、ホルモンバランスも乱れやすくなり排卵がうまくいかなかったり、卵が育ちにくいといったことが起こる可能性が高くなります。


妊活中は当然、卵子も精子もいい状態がベストですよね。



そこで、妊娠しやすい身体づくりに必要な栄養素4つをご紹介します。






○ ビタミンD
着床をサポートし、妊娠率や妊娠継続率を高めてくれます。

→ 卵、キノコ類、メカジキ、サーモン、牛乳、ヨーグルト

ビタミンDは日光を浴びることによっても生成されます。最近は過度な紫外線対策で十分に生成されず、不足する方が多いです。1日10分でも効果があると言われているので、日に当たることを意識してみてください。





○ ビタミンE
抗酸化作用が高く、体内の酸化を防ぎ、老化を遅らせる働きがあります。ビタミンEが不足すると生殖能力が低下することも分かっています。

血流を改善する働きがあり、子宮内膜を厚くする効果もあります。

→ アーモンド、落花生、南瓜、ほうれん草、ニラ、うなぎ、さんま、いわし






○ 鉄
女性は毎月の月経で鉄が失われるため、不足になりやすいです。鉄は子宮内膜を作る材料で、不足すると着床しにくくなります。さらに鉄は排卵障害の改善も期待できると言われており、妊活には必要不可欠です。

→ 赤身肉、レバー、カツオ、ほうれん草

なお、ビタミンCは鉄の吸収率を高めてくれるので、合わせて摂るといいでしょう。 








○ 亜鉛
男性も女性も摂ってほしい栄養素ですが、特に男性は必要です。亜鉛は別名『セックスミネラル』と呼ばれる栄養素であり、男性ホルモンの合成に関わっています。
亜鉛が不足すると、精子の減少や運動性が低下してしまいます。

亜鉛は体内で作り出すことが出来ないので、食事から摂取する必要があります。

→ 牡蠣、いわし、にしん、レバー(豚・牛)、山芋、ひじき、わかめ、昆布、アーモンド








ビタミンD、ビタミンE、亜鉛、鉄
妊活中はこの4つを意識して摂るようにましょう!







当院では、妊鍼体験会を1日2名様限定5000円で実施しています。


内容はカウンセリング、鍼灸整体治療、よもぎ蒸しです。


来院される方の半分以上が、鍼灸治療もよもぎ蒸しも初めてやる方です。

スタッフがしっかり説明して行いますので、安心してください。


まずは一度体験してみてください。
妊活体験会 | 厚木整体
LINEでの予約はこちらからお願いします。

本厚木院:https://line.me/R/ti/p/%40xwo7820d
 町田院: https://line.me/R/ti/p/%40mvq1933q
漢方薬店:https://line.me/R/ti/p/%40uaj9853s
タイトルとURLをコピーしました