皆さん夜中に足がつって痛い!!といった経験ありませんか??

足がつることを「こむらがえり」と言います。

今回は、この痛い「こむらがえり」がなぜ起こるのかご紹介します。


医学用語では、「有痛性筋痙攣」、「筋クランプ」とも言われます。
健康な人でも激しい運動や長時間の立ち仕事の後には下半身を中心に起こる事があります。
50歳以上では、ほぼ全員が一度は夜中にこむら返りを経験していて、60歳以上の6%が毎晩こむら返りに襲われているという結果も出ています。

足の冷えによる血行不良、筋力の低下、筋疲労やビタミン・ミネラルが不足し、電解質のバランスが崩れてしまいあの痛いこむら返しが引き起こされてしまいます。

よくこむら返しになるという人は、ビタミン・ミネラルの摂取がしっかり出来ているかなど日々の生活習慣やアキレス腱を伸ばすなどといったセルフケアもするのが効果的です。

他にも予防、発作時の治療として漢方薬を使用します。
こむら返りでよく使われているのが「芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)」という漢方薬です。

10分くらいで効いてくるので即効性もあり
フルマラソンを走っている方は、マラソン中に飲むこともあります。

当院は漢方薬も販売しており、しっかりと日頃の体調を伺い一人一人オーダーメイドで販売しています。

自分にあった漢方薬を見つけませんか??
 
ご連絡お待ちしております(^o^)/