日本人の2人に1人がかかっていると言われる花粉症。

『花粉症の人はヨーグルトなどで乳酸菌を摂って、腸内環境を整えた方がいい!』

と言うのを聞いたことありませんか?




なぜ腸内環境を整えるといいのでしょうか?

そのナゾを紹介します。




まず乳酸菌は腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きがあります。そして腸内を酸化し、悪玉菌が育ちにくい環境にしてくれます。




実はこの腸内に、細菌やウイルスから体を守ってくれる免疫細胞が沢山いて、その数は免疫細胞全体の50%以上!!(70%以上と書いてある文献もあります)

私たちが健康に過ごせているのも、この免疫細胞のおかげなんです。




花粉症は体の抵抗力より花粉の量が上回った時に症状が出ます。乳酸菌を継続して腸内に届けることで、抵抗力の強い体を維持することに繋がり、花粉症の予防対策になります。



さらに予防効果を高める食べ方は【オリゴ糖】と一緒に摂ること。

オリゴ糖は善玉菌の餌となり、善玉菌の活性にもなるのでおすすめです。


ヨーグルトと一緒に、オリゴ糖を含む蜂蜜やきなこ(大豆)、バナナを摂るのがいいでしょう。






しかし、中には乳製品自体が体に合わない人もいます。
例えば乳製品を摂ると、腹痛や下痢をしてしまう方。




こういう方は【発酵食品】を摂るようにしましょう。

キムチや納豆、味噌など...


発酵食品にも乳酸菌が含まれているので、花粉の時期にはとても良いです。




みなさんも自分に合う食品を探して、花粉に負けない身体を作りましょう!



当院では、花粉症に効果のある漢方薬を販売しています。
普通の鼻炎薬と違い、眠くならないのでおすすめです。

注文はこちら
漢方薬店:https://line.me/R/ti/p/%40uaj9853s


治療の予約はこちらからお願いします。
本厚木院:https://line.me/R/ti/p/%40xwo7820d
 町田院: https://line.me/R/ti/p/%40mvq1933q