初産のママさんの約80%が経験すること...





それは【腱鞘炎】です。



腱鞘炎の中でも多いのが【ドケルバン病】


先日人気バンド SEKAI NO OWARI の方も出産後にドケルバン病になったとニュースになっていましたね。



ドケルバン病とは親指の使い過ぎによって、手首に痛みが出る腱鞘炎のことです。


原因として

・指や手の使いすぎ
・ホルモンバランスの変化

が挙げられます。


出産後のママさんはこの原因の両方に当てはまります。



慣れない育児の中で抱っこ、お風呂、授乳などでとにかく忙しいです。赤ちゃんが軽いとはいえ、ずっと抱っこしているのも手や腕にかなりの負担ですよね。




そして出産後はホルモンの影響で、腱が通る『腱鞘』というトンネルが肥厚し、腱との摩擦を起こすことで痛くなります。






オレンジ・・・腱
ピンク・・・・腱鞘(腱が通るトンネル)



本当は安静にするのが一番ですが、子育て中は手を使わざるを得ないですよね。


無理をせず、手首に熱を持っているようならすぐに冷やしたり、サポーターをしたりと少し工夫をしてみましょう。


当院にも産後の腱鞘炎の治療をしています。

お子様連れでの治療も可能なので、ママさんにはとても喜ばれます。



腱鞘炎以外の産後の不調もお気軽にご相談下さい。

LINEでの予約はこちらからお願いします。

本厚木院:https://line.me/R/ti/p/%40xwo7820d
 町田院: https://line.me/R/ti/p/%40mvq1933q