手に力が入らない!誰でも起こりうる神経障害。

 

 

Kさん 40代 男性

Kさんははじめ、右肩甲骨の痛みで来院されました。

その日は鍼灸治療と操体治療をし、また1週間後に来てもらうことにしました。




1週間後...

肩甲骨の痛みは半減していました。

しかし!!
今度は右の手首を反らせることができない、右手が自分の手じゃないみたいで小指も伸ばせないと...。


話を聞くと『寝るときに右腕を下にして寝ると、肩甲骨の痛みが楽だった』と言っていました。


【橈骨神経麻痺】、別名【ハネムーン症候群】
というのを聞いたことありますか?

橈骨神経は上腕から手の方まで通っている神経です。

長時間上腕を圧迫してしまうと橈骨神経も圧迫され、麻痺を起こしてしまい、Kさんのように手首を反らせることが出来なかったり、指を伸ばすことができない、人によっては感覚障害が起こります。


Kさんの場合も右腕を下にして寝ていたことが原因なのではないかと思われます。



橈骨神経麻痺は大体の人が1〜3ヶ月、圧迫の程度によっては半年から1年かかる人もいると言われています。3ヶ月過ぎても回復が見られない方は手術もあり得るようです。



その日Kさんは手首を反らせることが、まったく出来ない状態でした。



手首の症状が出てから3回目の治療では、反らせられる角度が大体20度くらいまで回復しました。(通常70度)

この頃には最初の肩甲骨の痛みはほぼ無しに。




それからも週1ペースで来院。

少しずつ可動域が広がり、2ヶ月経つ頃には日常生活も問題ないくらいに回復しました。






橈骨神経麻痺は特に
・疲労がたまって泥のように眠る時
・お酒を飲みすぎた日
・睡眠薬を飲んでいる方
は要注意です。

通常同じ姿勢が長時間続くと無意識に体勢を変えますが、アルコールや睡眠薬が入っているとその反射が鈍くなり、橈骨神経麻痺を起こしやすいので気を付けましょう!!!


LINEでの予約はこちらからお願いします。

本厚木院:https://line.me/R/ti/p/%40xwo7820d
 町田院: https://line.me/R/ti/p/%40mvq1933q
漢方薬店:https://line.me/R/ti/p/%40uaj9853s

タイトルとURLをコピーしました