理想的な食事のとり方

 

テレワークで運動不足だし、何かと食べてしまうという方多いのではないでしょうか?

そこで今回は理想的な食事の摂り方について紹介します。




○ 食事の間隔
食べ物が胃に留まって消化される時間は約2〜3時間、肉や揚げものなど脂質が多いものになると約4〜5時間かかると言われています。

つまり昼食を12時に摂る場合は、朝食を7〜8時に。夕食は17時〜19時に摂るのが望ましいです。



○ 時間が空きすぎてもNG
食事を摂ると、血糖値が上がります。食事の間隔が空き、空腹の状態が続くと血糖値が下がってきます。このような状態で食事を摂ると急激に血糖値が上がり、インスリンが大量に分泌され、糖を脂肪に変えて蓄えようとします。よって脂肪が付きやすい体になってしまいます。



○ 食事は12時間以内に
「時間栄養学」によると起きて2時間以内に朝食を摂り、さらにその朝食から12時間以内に夕食を済ませると、健康やダイエットに良いとされています。時間栄養学の観点から朝食が7時だった場合、夕食は19時までに摂るようにしましょう。



○ 夕食が遅くなる場合
18時くらいにヨーグルトやくだものなどで補食しておくといいでしょう。夕食の際に急激な血糖値の上昇を防ぎます。もちろん捕食した分、夕食の量を差し引いてください。



○ 1回の食事時間
太りにくくするためには1回の食事を20分以上かけるようにしましょう。満腹中枢が作用して満腹を得るまでには少なくても20分は必要です。





ダイエットしたいけど食事制限は辛い!という方は、食事のタイミングや時間を意識してみてください。


タイトルとURLをコピーしました