梅雨時期の不調と予防方法

 

梅雨の時期がやってきました。


湿度が高いと、体内の水分が汗や尿として外に排泄できずに、体内に溜まっていきます。

すると 食欲不振、下痢、倦怠感、不眠、頭痛、むくみ などの症状が現れやすくなります。



症状別に対策方法をお伝えします。


○ 食欲不振、下痢
湿度が高いと体内の消化吸収と水分代謝がうまくできなくなり、消化不良を引き起こしやすくなります。

気温が高い時でも冷たい飲食物は控え、できれば温かいものを摂るようにしましょう。

また味が濃いものや、脂肪分が多いものは胃腸に負担をかけてしまうので気をつけてください。



○ 倦怠感、不眠、頭痛
梅雨の時期は低気圧が続くので、自律神経が乱れて副交感神経が優位になります。そのことで身体が日中でもリラックスモードになってしまい、倦怠感や眠気を感じます。

日中は交感神経、夜は副交感神経を優位にさせていく本来のリズムを作ることが大切です。

朝太陽を浴びることで体内時計はリセットされ、活動モードに切り替わります。
曇りや雨の日でも太陽の光は地上に届いているので、カーテンを開けましょう。



○ むくみ
消化不良の原因と同様、湿度が高いと汗として身体の水分を排泄することができずに、体内に水分が溜まってしまうことでむくみやすくなります。
また低気圧の影響による自律神経が乱れによって、血流が悪くなってしまうことも影響しています。

むくみを解消するには余分なナトリウム(塩分)と共に水分を排泄してくれるカリウムを摂りましょう。
小松菜、ニラ、、セロリ、バナナ、アボガドなどに多く含まれます。

また発汗を促すのに、シャワーだけでなく湯船に浸かるようにしましょう。マッサージで血流を良くするのもいいですね。



ツボでは《陰陵泉(いんりょうせん)》がおすすめです。

場所は、足の内くるぶしから骨の内側を真上に辿っていくと指が止まるところです。膝下内側にある太い骨の真下あたりにあります。





ぜひ参考にしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました