夏ダイエットのポイント!

 

夏の暑い時期は食生活が乱れがちです。


熱中症対策で水分を摂りすぎてお腹が膨れた、暑さで食欲が湧かない、冷たいものを食べすぎてしまう...など、心当たりはありませんか?

そんな中で自己流の無理なダイエットを行うと体調不良を招いてしまう可能性があります。



【夏は冬よりも基礎代謝が下がり、痩せにくい】

夏は汗をかくため冬よりも痩せるイメージがありませんか? しかし基礎代謝は冬よりも夏の方が低いのです。

人間の身体は体温を一定に保つ仕組みが備わっています。寒い冬では体温を保とうと、体内で熱を産生するため基礎代謝が上がります。しかし夏は気温が高いため、自身で熱を産生しなくても体温は保たれることから基礎代謝は冬の方が上がるのです。

さらに夏は冷たいものを口にすることが多くなったり、外気温と冷房が効いた室内での温度差で自律神経が乱れやすくなるため、基礎代謝はさらに下がりやすくなります。

夏こそ常温のものや温かいものを口にして、身体を冷やさないことがポイントです。



【熱中症対策の水分補給】

夏の熱中症対策として水分補給が大切なことは、ご存知かと思います。

暑い時期に激しい運動をする時はスポーツ飲料がおすすめです。汗をかくと水分とともに塩分(ナトリウム)も失われるので、ナトリウムが入っているスポーツ飲料が適しています。

日常生活での熱中症対策でスポーツドリンクを飲む人も少なくありません。しかしスポーツ飲料にはナトリウム以外にも糖質が多く含まれているので、糖分を摂りすぎないように注意しましょう。脂肪の蓄積に繋がってしまいます。あまり汗をかいていない時は水やお茶などの糖分が入っていない飲み物を摂るようにしましょう。

ジュースやエナジードリンク、フレーバーウォーターはかなりの糖分が入っています。水分補給する飲み物を見直すだけでも体重は変わっていくでしょう。



【夏のダルさは食生活が関係】

夏はアイスクリームだったり、喉越しが良い素麺などの麺類を摂る機会が増えます。このようなメニューは糖質が多いため糖質の代謝に必要なビタミンB1が大量に消費され、不足になりがちです。ビタミンB1が不足すると疲労物質が蓄積されやすくなりダルさが出てしまいます。

ビタミンB1は豚肉やうなぎ、玄米などに多く含まれています。夏バテを予防するには上記のものを意識して摂るようにしましょう。麺を食べる時は "麺だけ" にならないように魚や肉、野菜をトッピングしてバランスを考えましょう。





夏の暑い時期のダイエットは、体づくりをメインとし無理をせず体調管理に気をつけながら行うのが大切です。



夏バテ予防に効果的なツボを紹介しているブログはこちら
さがみ鍼灸整骨院 - Google 検索
当院では脂肪の代謝を促す漢方薬を販売しています。 詳しくはこちら ↓
さがみ鍼灸整骨院 - Google 検索
セルライトを柔らかくし、痩せやすい身体をつくるスリムセルも女性限定で行っていますので、この夏ダイエットに挑戦したいという方はお気軽にご連絡ください!
LINEでの予約はこちらからお願いします。

本厚木院:https://line.me/R/ti/p/%40xwo7820d
 町田院: https://line.me/R/ti/p/%40mvq1933q
漢方薬店:https://line.me/R/ti/p/%40uaj9853s

      
タイトルとURLをコピーしました