梅雨時の ”舌の状態”

 

梅雨の時期は頭痛や倦怠感、むくみ、胃腸の不調など様々な症状が出てきやすいです。

これらの症状...
東洋医学では『湿邪』が原因と考えられます。

身体が余分な水分を排出しにくく、溜め込んでしまうことで不調が現れます。


不調として出る以外にも、実は《舌》に体調が現れるのです。

東洋医学で『舌は内臓の鏡』と言われていて、体調の変化が現れやすい場所です。


『湿邪』に侵されている時の舌の状態はというと

・表面に白っぽい苔が溜まっている、あるいは黄色く粘り気のある苔
→ 特に胃腸の調子が悪い時

・舌がぼてっと大きい、縁にギザギザと歯の跡がついている
→ 舌がむくんでいる状態、口のなかで常に歯と当たるためギザギザの跡がつく


みなさん鏡の前で舌をチェックしてみてください!
毎日チェックすることで、体調の変化がわかるようになりますよ!


次回は『湿邪』の取り除く方法をお伝えします!


タイトルとURLをコピーしました