逆子とは

通常、おなかの中の赤ちゃんは頭を下にしていますが、頭が上や横向きになった状態を逆子(骨盤位)と言います。



逆子の分娩

逆子での経腟分娩は多くの危険が伴います。

2001年に米国産婦人科学会(ACOG)は「正期産の骨盤位分娩では、経膣分娩を試みることなく予定帝王切開をするべきである」と勧告を出しました。これを受けて、日本でもほとんどの施設で帝王切開が選択されるようになりました。



  逆子の原因

実は西洋医学でもまだはっきりと原因が解明されていませんが、逆子になる理由として考えられていることはいくつかあります。

これらの症状があるからといって必ずしも逆子になるとは限りませんが、子宮口付近に胎盤があること、子宮が狭いこと、へその緒が赤ちゃんに絡まっていること、などと言われています。

一方東洋医学では、お母さんの身体が冷えることで逆子が起こると考えています。

人のからだは悩みやストレス、無理なお仕事、生活習慣、交通事故などの外傷、環境などの要素により、血液の流れが悪くなってしまいだんだん冷えが生じてきます。

特に下半身、下腹部が冷えているお母さんは注意してください。
もしお母さんの下腹部が冷えていると、赤ちゃんは最も大切な頭を守ろうとして上に向いてしまうことがあるのです。
このように逆子は赤ちゃんが自分のからだを守ろうとする防御反応と言えます。

妊娠中はお母さんの体温があがりますよね。
これは赤ちゃんの成長のために、温かい環境がよいからです。日常生活では身体を温かく保つように心がけてください。



逆子治療

わたしたちは逆子を無理に戻すのではなく、お母さんの不調を解消して、自然なかたちで赤ちゃんの頭が下に向くお手伝いをさせていただいています。

当院の逆子鍼灸治療は手足に行います。
お腹に施術することはありませんので、安心してください。

迷ったときは相談も受付けていますのでLINEでお問い合わせ下さい。

本厚木院:https://line.me/R/ti/p/%40xwo7820d
 町田院: https://line.me/R/ti/p/%40mvq1933q



料金

出産まで時間に限りがあります。逆子は一刻も早い施術が望まれます。当院では日本初の逆子鍼灸通い放題を実施しています。出産まで何回通院しても料金は22,000円です。自宅で行う温灸もプレゼントしています。
詳しくはこちら
逆子