体の冷え

 

冷えとは

冷え性は、言い換えると「血行不良」とも言えます。
動脈が硬くなってしまうことにより毛細血管まで暖かい血液が回らなかったり、外の気温により、毛細血管が縮んでしまい、元に戻らず血行が悪くなることです。
血液の届きにくい手や足先などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態です。

人間の身体は、毛細血管を使って外へ体温を逃がさないようにする機能がありますが、この毛細血管に血液が行き渡らない状態が続くと、いつまでも血管が収縮しているため、冷たくなってしまいます。
いのに対して、手や足の先などがいっこうに暖まらず冷えているような感じがすることを一般的に「冷え性」とよんでいます。


冷え症の方に多くみられる症状

■身体的症状

●手足が感覚が鈍るほど冷える冷たい
●冷房にあたると具合が悪くなる
●秋口から春の終わりまでカイロや電気●毛布がかかせない
●寝るときは夏でも靴下をはく
●すぐにおなかが痛くなる
●下痢になる
●鼻先、耳が冷たくなる
●頭痛
●腰痛


■精神的症状
●集中力の低下
●イライラ
●思考能力が下がりが鈍る。
●淋しさ、無力感、脱力感、により孤独感が募る。

冷え症の種類

・内臓型冷え症

手足は温かいのに内臓が冷えている状態。
おへそに手をあてた時に冷たく感じる方は内蔵型冷え性です。
内臓が冷えると免疫力や代謝の低下しやすく、消化機能も低下・下痢や便秘などの腸の不調を引き起こすこともあります。

・下半身型冷え症

主に腰から足先までの下半身が冷える状態。
更年期の女性や中高年の男性に多く見られます。
このタイプは、ホルモンバランスの乱れや下半身の血行不良が原因で、血行不良は主に筋力の低下が原因です。
足の筋肉がポンプの役割を果たして血液を心臓に向けて送っているため、筋力が低下すると血液の循環も悪くなり、下半身の血行が悪くなると代謝が低下し、むくみを引き起こします。
むくんだ状態が続くと下半身に老廃物が蓄積され、セルライトとなって固まり、血流がますます阻害されます。
更年期の女性は代謝が急激に低下しはじめるため、このタイプの冷えで悩む人が多いです。

・四肢末端型冷え症

文字通り手足の末端が冷える症状です。
10~30代の女性に多く、理由として無理なダイエットや、オシャレの為に冬でも素足でいたりと身体を冷やしがちであることが挙げられます。
また、ダイエットなどで栄養バランスの偏った食事を続けていたり、身体を強く締めつける下着の着用などで血液の流れが悪くなっている人も、このタイプの冷え症になりやすい傾向があります。
そもそも、女性は男性より筋肉量が少ないことから、体内で熱を生産する力が弱くなり、冷え性になりやすいと考えられます。
生理のときに赤血球が減少して貧血を起こすこともあり、赤血球が少なくなると身体中に酸素を運ぶ機能が低下するため、手足の冷えや倦怠感を引き起こします。
こうした女性特有の身体の仕組みにも冷え症の原因の一つです。

原因

・運動不足
身体の熱は筋肉が働くことによって作り出されますが、運動不足や加齢などで筋肉が衰えると十分な熱を作ることが出来ず、身体全体の血行が悪くなり冷え症になります。
また、運動不足は代謝機能の低下も引き起こし、血の巡りを悪くします。

・食生活の乱れ

栄養が偏った食生活や無理なダイエットも冷え症の原因になります。
冷たい食べ物や飲み物が身体を冷やすのはもちろん、チョコレートやクッキー、ケーキなど白砂糖を使ったデザートは、食後はいったん血糖値が上がり体温も急上昇しますが、下がり方も急激なので、冷えの強い人は余計に冷えてしまいます。
バランスよく食事を摂りましょう。

原因冷えが気になる方はよもぎ蒸しがおすすめです!

冷えが気になる方は鍼灸治療もいいですが、よもぎ蒸しがオススメです。
よもぎ蒸しの暖かいミストで体全体をポカポ
カにしてくれます。
汗がかきにくいかたも、回数を重ねる事に汗が沢山出てきます。
運動した時の汗とは違いベタつかずにサラサラとしているので、終わったあともスッキリです!

冷え性の方は是非受けてくださいね!!

ご予約はこちらから

​本厚木院のLINE@
https://line.me/R/ti/p/%40xwo7820d

町田院LINE
https://line.me/R/ti/p/%40mvq1933q




タイトルとURLをコピーしました