基礎体温とは

基礎体温とは

眠っている間など体がいちばん安静な状態にあるときの体温のことです。朝起きて動かずにベッドやお布団の中で、そのまま基礎体温を測ります。

男性と違い、女性の体温は一定ではなく、ホルモンの分泌によって体温が上下し、低温期と高温期の2相に分かれます。

低温期 : 月経が始まってから排卵が起こるまでの時期のこと。
高温期 : 排卵後、黄体ホルモンが分泌されることから体温が上昇している時期のことをいいます。妊娠している場合は高温期が続き、卵子が受精・着床しなかった場合は排卵から14日前後で月経が始まります。


基礎体温が正常な場合、このような2相のグラフになりますが、高温期が短かったりする場合や、低温期と高温期の2相に分かれていない場合、グラフの線がバラバラの場合などは生理不順を含め体にどこか異常がないかを探る目安ともなります(なお高温期が持続する場合は妊娠を疑います)。



排卵日の目安

排卵日は先に述べた基礎体温で大まかな予測がつきますが、そのほかの方法として子宮頸管粘膜で予測することも可能です。

卵胞が発育するとエストロゲン(E2)が分泌され、それにより子宮頸管粘液も増えてきます。膣内は細菌の進入を防ぐために酸性に保たれていますが、排卵日が近づくにつれ、精子の通り道となる子宮頸管はエストロゲンによりアルカリ性の粘液を多く分泌させます。

そして酸性を嫌う精子の運動を促してくれるのです。その子宮頸管粘液は卵白のようなぷるんとした状態で、糸をひくようによく伸びるのが特徴です。
基礎体温に変化が現れたり、おりものの状態が変わってきたら、排卵日が近いか、もしくは排卵したということになります。

また排卵日を知る方法として、市販の検査薬で尿の黄体化ホルモン(LH)濃度を測り排卵日をある程度特定することが出来ます。病院で行う超音波検査や採血に比べて正確さは劣りますが、基礎体温表とあわせ、個人でできる排卵日のおおまかな目安として使うとよいかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました