子宮内膜症とは??

子宮内膜症とは

性周期に伴って増殖し受精卵を包みこむように着床させます。

受精しないと増殖し内膜がはがれ、出血して排出されます(月経)。

本来は子宮の内側にしかないはずの子宮内膜に似た細胞が体の他の場所にできてしまうのが子宮内膜症と言います。

別の場所に飛び火した子宮内膜は、本来の子宮内膜と同じように妊娠が成立しないと、同じようにはがれ落ちて月経となります。

つまりそれぞれミニ月経を起こすわけです。

原因ははっきりしないですが、下腹部に発生しやすく、腹膜などあちこちに数ミリ程度の病変ができます。

主にできる病変部位は、子宮筋層内や卵巣、卵管、子宮周囲、腹膜、腸管、膀胱などです。

また意外にも肺、肋膜、おへそなどにも発生します。

代表的なものは筋層内におこる子宮腺筋症(子宮内膜症の約50%)、卵巣のチョーレート嚢腫(のうしゅ)、腹膜にできる腹膜病変などです。


症状

☆月経痛→月経痛がだんだんひどくなる

☆下腹部痛 → 月経時以外でも下腹部が痛む

☆月経血量 → 月経の出血量が異常に多くなった

☆不正出血 → 月経時以外に出血がある

☆肛門の痛み → 排便時に肛門が痛むことが多い

☆腹部の膨張感 → おなかに膨張感を感じる

☆不妊 → 赤ちゃんがほしいのに妊娠しない  など・・・。


原因

子宮内膜症の原因は、はっきりと解明されていません。遺伝による影響やストレスの多い方がなりやすいなどの報告もありますがあります。

子宮内膜症の症状の経過としては、子宮内膜症を起こす組織が、卵巣や腹膜などで大きくなります。

このとき、月経によって剥離した組織や血液が溜まることで、ブルーベリースポットと呼ばれる小さな血腫ができます。

この点状の病巣は、月経を繰り返すことで大きくなっていき、次第に固まり癒着をおこし、卵巣内部が血液でいっぱいになってしまうチョコレートのう腫と呼ばれる状態となります。

癒着が骨盤内の臓器全体にまで広がってしまうと、月経時以外にも非常に強い疼痛を引き起こすことにもなります。


鍼灸治療

当院では婦人科疾患をお持ちの方が多く方が来院されています。

鍼灸治療は婦人科疾患に対して良い効果をあげています。

鎮痛剤を飲まないと痛みを抑えられない方が何人も鍼灸で改善されました。

鍼灸は薬のような副作用の心配が少なく、体全体の体質改善を行いますので、何よりも安心して治療を継続できます。
鍼灸は冷えを解消し、血流を良くすることで、骨盤内が温かくなり、子宮や卵巣にいつもいい状態になれます。

鍼灸は自律神経や自己治癒能力を高める効果があり、その他にもよもぎ蒸し漢方薬なども有効です。

子宮内膜症で悩んでいる方は鍼灸のことならお気軽にご相談ください

 

タイトルとURLをコピーしました