1日に摂っていいカフェイン量

カフェインは、「眠気覚ましになる」「妊婦さんはとっちゃダメ」などのイメージが強いと思いますが、じゃあ具体的にどれくらいの量ならいいのかなんて考えたことありますか?
今回は、1日にどのくらいカフェインを摂っていいのか、どんな効果があるのかお伝えします。

カフェインとは

コーヒー豆・茶葉・カカオ等、天然の食品に含まれる成分の1つです。

これらを原料にしたコーヒー、お茶に、カフェインは多く含まれています。

それを抽出し、医薬品に添加されたり、コーラや清涼飲料水に苦味料としても使用されています。その他にも、ココア、チョコレート、ガム、眠気覚まし清涼飲料、エナジードリンクに含まれています。

カフェインは、頭が冴え、眠気を覚ます効果が多くの人に知られています。

他にも利尿作用や基礎代謝の向上、胃酸分泌作用があるとも言われています。

カフェインを過剰摂取すると、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気などが現れてしまいます。

コーヒーを飲んで眠気が吹き飛ぶ方がいれば、そうでない方もいるように、カフェインの感受性は個人によって大きく違います。

その設定されている量を参考に、カフェインを取り過ぎないようにしましょう、中毒症状の可能性もありますよと注意喚起しています。

健康な成人の場合、悪影響のない1日のカフェイン摂取量は400mgと推奨されています。

カフェインの量

☆ブラックコーヒー(185g/1缶)→85mg

☆微糖コーヒー(185g/1缶)→110mg

☆コーラ(350g/1缶)→40mg

☆ココア・紅茶(200cc/1杯)→60mg

☆インスタントコーヒー(200cc/1杯)→114mg

☆トリップコーヒー(200cc/1杯)→120mg

☆チョコレート(50g/1枚)→15mg

☆眠気覚ましドリンク(1本)→150mg

飲み食いした分と足し算していくと、どれくらいになりましたか?
コーヒーの作り方だけでなく、各種商品によってもカフェイン含有量には差がありますので、この図で載せてあるのは、あくまで、目安として参考にしてみてくださいね!

てもカフェイン含有量には差がありますので、この図で載せてあるのは、あくまで、目安として参考にしてみてくださいね!

妊娠中の場合

妊婦・授乳中の女性がカフェイン過剰摂取すると、血管を収縮させるため赤ちゃんに運ばれる栄養や酸素が少なくなるため、流産や新生児の低体重リスクを招くと言われています。

厚生労働省は妊娠した女性に対して、1日当たりのカフェイン摂取量を、WHOよりも厳しい200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。

「絶対にダメ」なのではなく、「摂り過ぎてはダメ」とされています。
ですが、その範囲内なら気にせず飲んでかまわないというわけではなく、特に、妊婦の場合は医師に相談の上、自身の体調を考慮し、判断するのがいいと思います。

最後に・・・

エナジードリンクを1日に数本、水を飲まずに飲み物は全てコーヒーなどと偏った生活を送らなければ特に気にする事はないと思います。

繰り返しカフェインを摂取していると、体が反応しにくくなり(カフェイン耐性)、より多くのカフェインを求めるようになります(カフェイン依存症)。
そうなった時点でカフェインの摂取をやめると、頭痛眠気神経過敏便秘うつ悪心嘔吐不安集中力の低下といった離脱症状が現れてしまいますので過剰摂取はやめてくださいね。


      
タイトルとURLをコピーしました