円形脱毛症【前編】

 

年に数回、円形脱毛症の治療をしますが、鍼灸の効果が絶大で(個人差はありますが...)みなさん驚かれます。

まず円形脱毛症とはどういうものなのか書いていきたいと思います。


円形脱毛症とは

「円形脱毛症」とは、円形や楕円形の脱毛斑が突然生じる疾患です。一般的には10円玉くらいの脱毛と思われていますが、頭部全体に広がるものや、眉毛やまつ毛、体毛などに及ぶ重度のものまで、その症状はさまざまです。また場合によっては、完全に発毛しても再発することもあります。



円形脱毛症の特徴

円形脱毛症には、以下のようないくつか特徴的な症状があります。いくつか当てはまる場合は、円形脱毛症の疑いがあります。


【初期症状】
* 何の兆候もなく突然脱毛が始まった。
* 頭部に地肌が見えるところがある。
* 爪に小さなでこぼこがある。
* アトピー性疾患(アトピー性皮膚炎、気管支炎、アレルギー鼻炎のいずれか)を患っている。
* 脱毛斑が円形または楕円形であり、境界が比較的はっきりしている。

【進行中の症状】
※上記“初期症状”のどれかに該当し、下記の症状がみられる場合は、円形脱毛症が進行していると考えられます。
* 朝起きた時、枕に抜けた毛が数本以上見られる。
* 脱毛斑の周囲の毛を引っ張ると簡単に抜け、痛みもほとんどない。
* 抜けた髪の毛の毛根の部分が、細く尖った状態である。
* 脱毛斑が広がってきた。

【回復期の症状】
* 脱毛斑の一部に細く短い毛が生えている。
* 脱毛斑に毛穴が点々とみえる。
* 脱毛斑の周囲の毛を引っ張っても容易に抜けない


「円形脱毛症かな?」と思ったら

大切なことは「ひとりで悩まず、どんなことでも相談して、適切な診断のもとで、きちんと治療する」ことと、「症状と上手に付き合っていく」ということです。不安や悩みは円形脱毛症の大敵ですから、それらを取り除くために信頼できる専門家の力を借りましょう。
タイトルとURLをコピーしました