夏バテ防止にゴーヤがgood

ゴーヤはキュウリなど他のウリ科の野菜たちと同じように、今では一年中流通していますが、やはり栄養価が最も高くなっておいしさを増す旬は夏です。

 

 

ゴーヤに含まれる栄養素

果皮がゴツゴツしたゴーヤですが、意外にも90%以上は水分と、野菜の中でも高い水分含有率で、1本250g全部食べてもカロリーは43キロカロリーとキュウリと同程度の、低カロリー食材です。
濃い緑色のゴーヤはβカロテンも含んでいますが、淡色野菜の仲間で、ビタミンCや食物繊維などが豊富です。
とくにビタミンC含有量は生食・油炒めで計量しても共に76mg/100gと大変高く、キュウリやトマトのじつに5倍以上、レモン果汁の50mgやキウイの69mgさえも超える豊富さ。ビタミンCは加熱で失われやすいのですが、ゴーヤは炒めてもビタミンCが壊れにくい構造の特徴があるようです。

また、あの独特の苦味のもととなっているのは、モモルジシンというサポニンとアミノ酸で構成されている成分と、ウリ科特有のククルビタシンという成分。ほかにも食物繊維が2.6g/100gとセロリよりも多く、またカリウムを260mg/100gと牛乳よりも多く含み、ミネラルも豊富です。



ゴーヤの栄養素の効果

ゴーヤは加熱してもビタミンCがしっかり摂れ、疲労回復や感染症の予防、またコラーゲンの生成を助けてメラニン色素の過剰生成を抑えるなど、肌荒れ防止にも味方となってくれます。
苦味成分のモモルジシンは消化液の分泌を促す働きがあり、胃腸の粘膜を保護し、胃腸を刺激して食欲をわかせるなど、夏バテを防ぐ力になってくれます。
それだけでなく、自律神経のバランスを整え、血圧・血糖値を下げたり、肝機能を高めたり、疲労の回復も助けるなど、全身をシャキッと保たせる働きもあります。

もうひとつの苦味成分ククルビタシンはフラボノイド系で、活性酸素の生成を抑制し、また毛細血管を丈夫にして細胞や血液循環を守ってくれます。

ほかにも、食物繊維が便秘や肥満を予防し、またカリウムが過剰なナトリウムの排出を促して、血圧や知覚機能を健やかに保たせてくれます。

ただし、食べ過ぎには要注意です。苦味成分は胃の働きをよくしてくれますが、胃酸が出過ぎると胃粘膜を攻撃するため、胃腸が弱っているときには胃痛を起こしてしまう原因にも。 



火を通してもOK、ゴーヤの栄養素を意識した調理方法

ゴーヤは緑の鮮やかなものほど新鮮で栄養価が高く、苦味も強くなるので、苦味が嫌いな方や胃腸が弱っているときは緑色の薄い、果皮の粒々が大きめなものを選ぶことをおすすめします。

苦味成分を多く含んでいるのは種のまわりのワタの部分。ゴーヤは気温が高いと熟すのが早まり、種とワタの部分から傷み始めるので、手に入れたらすぐに縦半分に割り、種子とワタをスプーンでくりぬいてから調理します。

ゴーヤは加熱してもビタミンCがしっかり摂れる数少ない野菜ですので、生ジュースから漬物、酢の物、和え物、炒め物、焼き物、揚げ物と幅広く応用可能。バリエーションを楽しんでみてください。


タイトルとURLをコピーしました