食欲を抑える方法「日を浴びる」

 

徐々に日が短くなって、秋が近づいてきましたね。

よく「食欲の秋」と言いますが、その由来については諸説あります。

多くの食材が旬

秋になると、各地で新米の収穫がスタートし販売されます。ふっくらやわらかくて粘りがあり、格別のおいしさ。それに加えて、戻りかつおや鮭、きのこ類など旬のおいしい食材がスーパーで並び、食卓にも上がるとなれば、ついついご飯が進んでしまいます。

涼しくなり夏バテが解消される

暑さによる夏バテで、食欲が減ってしまった方も多いのではないでしょうか。

秋に入ると、うだるような暑さから一変、過ごしやすい気温に落ち着くので、本来の食欲に回復することが多いです。よって夏バテが解消されて、食欲が増したように感じるのだと考えられます。

気温の低下

寒い環境に身を置くと、脂肪を燃焼して体温を保持しようとします。基礎代謝が上がればその分多くのエネルギーを消費してしまうので、失った分を補おうとして食欲が増すのです。 空腹は、エネルギー補給を訴える体のシグナルでもあります。

ダイエットをするなら冬場が最適、と言われるのもうなずけますね。

幸せホルモン

「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンは、満腹感を与えて食欲を抑える働きがあります。

この成分は、日光に当たる時間と比例していて、陽の光を浴びる時間が短いと減り、長ければ増えるのだとか。

つまり秋は日照時間が短いので、夏に比べて太陽の光を浴びる時間が短く、かつセロトニンの分泌量も減るので、食欲が増えると言われています。

まとめ

上記のことから分かるように、暑い時期よりも寒い時期の方が代謝が上がり、日光に当たるとセロトニンの分泌量が増えます。

よって秋冬は意識して外に出てウォーキングやジョギングなど有酸素運動をすると暴飲暴食を防ぐことができ、かつダイエットにも繋がるでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました