汗をかく意味

汗とは

汗をかくことを,“発汗”といいます。

発汗は体温を下げるためにもつとも効率的な方法です。

汗が蒸発する時の気化熱により,体内の熱を逃がして体温を下げています。

汗をかかないと…

汗を全くかかないと熱が体にこもり、熱中症になってしまいます。

太陽光線の直接の照射によっておこった場合は,<日射病>と呼ばれます。

症状は,血圧低下,頻脈,頭痛,めまい,吐き気などで,初期には発汗は認められます。

体温の自動調節機能が破綻すると高体温でも発汗はおこらなくなり,皮膚は乾燥します。

さらに体温が上昇すると,全身の痙攣や意識障害もおこってきます

発汗の種類

発汗の種類は3つあります。

⑴ 温熱性発汗 体温が上昇すると脳の発汗中枢が指令を出して、水分の蒸発により体温を低下させます。1時間で最大2~3リットル、一日最大で12リットルの汗をかくといわれています。

⑵ 精神性発汗 いわゆる< 冷や汗> で,精神的緊張により脳の発汗中枢が指令を出して,手掌,足底,腋窩,額から発汗します.<手に汗を握る>状況は,夏でも冬でもおこります。

⑶ 味覚性発汗 辛いものを食べたとき、鼻尖・額・口唇から発汗します。反射経路はまだくわしく解明されていません。

圧迫すると汗が止まる?!

自動的に出てしまう汗を人為的に止める方法はなかなかありませんが、人には不思議な反射が備わっています。

「半側発汗」と呼ばれるもので、皮膚を押したときに起こる反射です。

身体の上下左右のワキを圧迫すると、圧迫した側の発汗が止まるのです。

たとえば、身体の左上半身のワキを圧迫すると、顔を含む左半身の汗が止まります。

舞妓さんも脇の下を圧迫して顔の汗を書かないような工夫をしています。

辛味成分

唐辛子など辛い食べ物を食べると汗をかいて体が温まったような気はしませんか?

なぜ汗をかくのか??→体の熱を逃がすためと書きました。なので、辛いものを食べた時は、体は温まらずに逆に冷えてしまいます。

辛いものを食べたあとはクーラーなどで涼むので無く、冷やさないようにしましょう!!

まとめ

汗をかくとベタついて不快になるから、「なるべく汗を書かないようにしよう。」と思っている方多いのではないでしょうか。

汗は体の熱を逃がしてくれるので汗を沢山かくことが熱中症予防になります。

そして、汗をかいたぶん水分や塩分を補給してくださいね!!

まだまだ暑い日が続きますが元気に過ごしましょうね(・▽・)

タイトルとURLをコピーしました