ビタミンCのサポート役ビタミンP

 

皆さんのビタミンPって聞いたことありますか?

自然界ではビタミンCのそばには必ずビタミンPが存在していてビタミンCの働きを助けてくれます。

ビタミンPの効果

ビタミンPは実にさまざまな効能が期待されています。

ビタミンPはからだの中でいちばん細い毛細血管を強くする効能があるといわれています。

・毛細血管の強化

・血流改善効果

・LDLコレステロールの低下

・アレルギー作用

・免疫力アップなどの効能があります。

中性脂肪を分解して悪玉コレステロールを低下させる効果があるため、ダイエットはもちろん、心臓病や脳卒中を引き起こす動脈硬化の予防にもなります。

皮やスジに多く含まれている

「ビタミンP」は、果物や野菜に含まれる物質です。

なかでも、柑橘系の果物には豊富に含まれています。

ゆず、みかん、レモン、グレープフルーツの皮、スジには多くの「ビタミンP」が入っています。

みかんを食べるときは、皮ごと食べるのがよいでしょう。

ビタミンCの働きを助ける効果があるため、ビタミンCを含む食べ物といっしょに摂取すると美白や美肌などその効果が高まります。

そして、ビタミンCと同じく水溶性であるため、体に蓄積されて過剰症になる心配がありません。

不足して欠乏症になることはありません。

柑橘系の果物の皮を捨ててしまっている という方は、是非細かく刻んで料理に入れて食べてくださいね!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました