西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学とは?

西洋医学は、現在ほとんどの先進国で主流となっています。

体の悪い部分に直接アプローチし、投薬や手術といった方法で原因を取り除いて治療します。

西洋医学は科学の発達とともに進化し、現在では最先端の医療機器を用いた診察や治療ができるようになってきています。

 

東洋医学とは?

東洋医学は古代中国で生まれた考え方で、約2000年の長い歴史があります。

政府が「西洋医学を学び、試験に合格した者のみ医師としての開業を許可する」という政策を打ち出したため、東洋医学の漢方医であっても西洋医学の免許がなければ東洋医学の治療ができなくなりました。

これが、現在の日本で西洋医学の考え方が主流となった大きな要因と考えられます。

 

2つの違い

西洋医学は投薬や手術といった方法で、体の悪い部分に直接アプローチして治療していきます。

これに対して東洋医学というのは体の不調を内側から根本的に治す治療法です。

東洋医学の領域では、具体的には鍼灸やあん摩、漢方といった方法で治療を進めていきます。

また、病気を未然に防ぐため、日頃から疲れを溜めず抵抗力をつけておくというのも、東洋医学の考え方です。

西洋医学と東洋医学は、どちらが良い悪いはありません。

西洋医学には短い時間で病気を治療できるという良さがあり、東洋医学の治療は時間がかかるものの、体に負担がかかりにくく副作用がないという良さがあります。

まとめて言うと、現代医学は病巣の排除を目的とするが、東洋医学は全身を複眼的な視点で病因を追求し治療するのです。

 

最後に

特に東洋医学における、陰陽論、五行説、経絡、気・血・津液などの概念は西洋医学にはなく東洋医学独特のものです。

現代医学が悪いとか、東洋医学がいいとかではありません。

それぞれのいいところを引き出して治療にあたることで、様々な解決策が見えてくるのです。

自分に合った治療方法を見つけてみてくださいね!!

 

タイトルとURLをコピーしました