意外と多い生理前の便秘

「生理前はなかなかお通じが来ない」という人もいるのではないでしょうか。

 

生理前は便秘に悩む人が多い?!

それは、排卵後に分泌量が増えるプロゲステロンの影響が大きいといわれています。

分泌量が増えると、子宮の収縮を抑制する作用が働き、それと同時に腸の運動も抑制されます。

他にも腸内の水分を体内に吸収しやすくする働きがあり、生理前はむくみが酷くなったり、便がカチカチになったりしてしまいます。

生理前以外にも妊娠中もプロゲステロンの分泌量が多くなるので便秘になりやすくなります。

 

便秘予防

⑴無理なダイエットはしない

ダイエットで食事を抜いたり、食事の量を極端に減らしたりすると、便の量が少なくなり、腸への刺激が弱くなってしまいます。 食事は1日3食、規則正しくきちんととるようにしましょう。

⑵ 食物繊維を積極的にとる

食べ物に含まれる食物繊維は、胃や腸で消化・吸収されずに大腸へと進み、腸内の水分を集めて便の量を増やしたり、適度な軟らかさに保つ働きがあります。 食物繊維は野菜や豆類、海藻類に豊富に含まれていますので、積極的にとるようにしましょう。

 

⑶ 適度に身体を動かす

身体を適度に動かすことによって、全身の血行が良くなり、腸の働きが活発になりますし、腹筋の力が高まってきて、排便しやすくなります。 また、運動は気分転換にもなるため、精神的ストレスを発散する上でも有効です。

 

⑷水分を多めに取る

水分量が少ないと便がカチカチに硬くなり排便しにくくなってしまいます。 1日1.5L以上を目安に水分を摂取しましょう。 飲み物は、常温の水もしくは白湯などがオススメです。

 

まとめ

 

生理前の便秘に悩んでいる方多くいらっしゃるかと思います。

プロゲステロンが分泌されるのも原因の1つです。

他にも上記にあげた⑴~⑷を改善することも便秘を解消するためには大切な行動です。 今日から意識して便秘を解消しましょうね!!

 

タイトルとURLをコピーしました